叔父の事は嫌いでしたが愛人となりエッチの快感の為に叔父に抱かれ続けました

私の中学時代は凄かったです。
始まりは中一の夏でした。突然の侵入者に挿入され、ファーストキスやバージン、全て奪われ、結局、私はその侵入者にオンナの悦びまで覚えさせられてしまいました。
その侵入者とは、父の弟、つまり叔父です。当時、両親は共働きで平日の昼間は家に誰もおらず、私一人の事が多かったのです。
叔父は近くで商売を営んでおり、平日休みでした。
叔父には奥さんはいましたが、子供はいませんでした。
近いこともあって、何かと世話を焼いてくれる叔父夫婦でしたが、私は叔父を好きになれませんでした。
なにか、日頃から私を見る態度が普通ではないと感じていて、何となく叔父とは距離を置いていたんです。

その日、期末テストが終わり昼過ぎに帰宅した私は、友人と遊ぶ約束をしていたので、シャワーを浴びました。
浴室からでて体を拭いていると、突然扉が開き、なんと叔父さんが現れたのです。
私は咄嗟にバスタオルで裸を隠して、「でていって!」と叫び、後ろを向きました。
「玄関の鍵開いていたよ、だめじゃないか、物騒だなあ、シオリちゃん」(えっ?鍵は確かかけた筈…)「もう!でていって下さい!」すると、叔父は私にだきついてきたのです。
「キャア!止めて下さい!」
「騒ぐんじゃないよ!叔父さんに対してなんだその態度は?ん?」急に目つきと態度が豹変した叔父。

叔父の手がバスタオルごしの私の胸を揉みました。
「やあ!止めてよ!」
「なかなかいいオッパイしてるじゃないか?」
「イヤッ!」叔父を振りほどこうとすると、さらに押さえつけられ、「騒ぐなっていってんだよ、シオリ!」と、叔父は私に張り手をしたのです。
目の前で火花が散り、私は倒れ、バスタオルが開けて、叔父に裸を晒してしまいました。
叔父はニヤッと笑うと、私の髪の毛を掴み、ムリヤリ立たせ、さらに張り手をされたのです。

恐怖と痛さに泣いてしまいました。
そんな私に叔父はムリヤリキスをしてきたのです。
憧れていたファーストキスを好きでもない叔父に奪われ、愕然としてしまいました。
嫌がる私の顔を押さえ付け、口をムリヤリ開かされ、舌を入れられてしまいました。
「シオリ、これからお前をオンナにしてやる!たっぷり可愛がってやるからな」と、私は引きずられるように、私の部屋に連れていかれてしまいました。

恐怖に体を丸めて固まっていると、叔父はベッドの布団を乱暴に床に移動させ、服を脱いでトランクス一枚の姿になりました。
ムリヤリ布団に投げ出された私は叔父にヤメテと懇願しましたが無駄でした。
そんな私の姿をポラロイドカメラで撮影し、「大人しく言うことをきかなければ、両親と学校にこの恥ずかしい写真を見てもらうぞ」と脅され、また張り手をされました。
私に襲い掛かってきた叔父。

汚らわしい叔父の口や手が私の全身をはい回ります。
私は泣くしかありませんでした。
不意に叔父の動きが止まり、シャッター音がし、「おい、シオリ!」と言われ、恐る恐る叔父を見た私。
叔父は私に自分のトランクスを脱がせろと言い出したのです。
激しく拒否した私はまた張り手をされました。

ポラロイド写真をパタパタさせながら、「こんな恥ずかしい写真をクラスの男子に見せたら喜ぶだろうな」と、私に恥ずかしい姿の写真をみせびらかします。
結局、叔父のトランクスを脱がせるしかありません。
目を背けながら叔父のトランクスを下ろした私。
「ハッハッハ!男のパンツを下ろしたってことはどういう意味かわかってるな?」酷い話しです。
脅してムリヤリ下ろさせたくせに。

「おら、こっち向いて、お前が欲しがってるモノ見ろ!」従うしかないとはおもいながらも、やはり拒否してしまいます。
叔父は私の髪を掴み、「観るんだよ!おらっ!」と顔をムリヤリ叔父の股間に向けました。
指示に従わず目を閉じていると、「そのうち、自分からおねだりするようになるからな!」と、何故か鼻を摘まれました。

苦しくて口を開けて息をしようとしたら、叔父がペニスを突っ込んできたのです。
いきなり喉を突かれてえずいてしまいました。
「顔動かせ!齒立てるなよ!」いきなりフェラチオをさせられた私は泣きながらえずいてしまい、「つっ!齒たてるんじゃねえ!」と、髪を引っ張られ顔をムリヤリ動かされました。

口からペニスを抜かれて、咳込む私に、「フェラもそのうちお前からするようになるからな」と言われ、乱暴に倒されました。
そして、嫌がる私の股を開き、叔父はついに私を貫きました。
人生これまでにない激痛に襲われ、私は泣き叫び、必死に抵抗しましたが、結局は叔父の思い通りにされてしまいました。

早く終わって欲しい…途中からそう考えるようにして、必死に叔父の凌辱に堪えました。
どのくらいたったのか、痛みが和らいできた頃、叔父は「おうし!出すぞ!シオリ!」と呻くように言います。
叔父の動きが止まり、「ふう~」と溜め息を漏らしました。
シャッター音が数回聞こえ、「いいか、また来るからな。兄貴や義妹に言ったらこいつをクラスメートに見せるからな」と捨てぜりふを残し出て行きました。

猛烈に悲しさや悔しさが込み上げてきて一人泣きました。
股間からは血と叔父の体液が垂れ、シーツを汚していました。
その日から叔父は事あるごとに私を抱きにやってきました。
夏休みも半ばを過ぎた頃、私はついに快感に負け、嫌いな叔父に貫かれながら、声をあげてしまったのです。

叔父は勝ち誇ったように「やっと声をだしたなシオリ」と、さらに私を責め立てました。
私は恥ずかしさと気持ちよさと嫌いな叔父に屈してしまい声をあげてしまった悔しさで泣きながら喘ぎました。

それを叔父は「なんだシオリ?泣くほどいいのか?」と勘違いしたようです。
夏休み終盤、私は両親に友人宅にお泊りすると嘘をつかされ、お盆休みをとり、奥さんを実家に帰省させた叔父の家で朝から夕方まで抱かれ、さんざんじらされ、快感で疼く体にされたあと、初めてラブホテルに連れていかれたのです。

「思い切り、喘いでかまわないからなシオリ。もうカラダがイキたがっているだろう」イクという意味がその時はわかりませんでした。
快感を覚えた私の体に叔父の、ローターやバイブレーターによる責めは、私の理性や羞恥心を吹き飛ばしてしまいました。
恥ずかしい声を堪えきれません。

以前叔父が言った通り、私は自分から叔父を求めてしまいました。
叔父の激しい腰使いに、快感が体中を突き抜け、絶叫とともに頭の中が真っ白に。
結局、私は初めてのラブホテルで初めて叔父にイカされ、オンナになりました。
明け方近くまで何度も叔父を求めて何度もイカされ快感を貪りました。

叔父の事は嫌いでしたが、愛人となりエッチの快感の為に叔父に抱かれ続けました。
中学二年になったばかりの時、ついに妊娠してしまい、両親には内緒で叔父を保護者として中絶。
それから私はアナルまで叔父に捧げたのです。

中二になった頃、両親の仲が悪くなりました。
原因は母の浮気。
喧嘩が絶えなくなった家に居づらくなった私は叔父の家に行く事が増えました。
叔父の奥さんは私達の関係を知らないので、私に大変よくしてくれました。
そんな奥さんに申し訳なくおもいながらも、快感に負け叔父に抱かれてしまいます。

叔父の話しでは、奥さんはエッチが嫌いで、抱いても反応がなくつまらないというのです。
夏休み、叔父や奥さんの説得も実らず、両親は離婚することに。
原因は母にあるので、私は父と暮らす事になりましたが、昼間は一人。
父も仕事で帰宅は遅く、一人暮らしと同じでしたから、父の許しを得て叔父の家で暮らす事になりました。

叔父の家で暮らし始めると、叔父とのエッチはほとんどできなくなりました。
自営業で休みもあまりなく、夫婦と二人のアルバイトで切り盛りしているお店で、奥さんも家にほとんどいるためです。
叔父と私が出かけるのが頻繁ならさすがの奥さんにだってきづかれるでしょう。
相変わらず、叔父は嫌いでしたが、体は叔父を求めてしまう。
そんなオンナにさせられてしまった私。
結局、自分自身で慰める日が多くなりました。

そんな時、奥さんの友人が亡くなり、家を空けることになったのです。
奥さんがいないと、店は営業できないので臨時休業。
叔父に抱いてもらえる…私のカラダは疼きました。
しかし、私からは絶対に抱いてとは言わない。
嫌いな叔父に対するせめてものプライドです。

奥さんが出かけた後、私と叔父はラブホテルへ。
部屋に入るなり、叔父は目を血走らせ私に襲い掛かってきました。
まるで×××のようです。
「シオリ!お前もやりたくて堪らなかったんだろう!」乱暴に服を脱ぎ脱がされ、貪るようにキス。
ベッドに倒れ込み、もはや当たり前になってしまった69。
最後に私としてからマスターベーションをしていなかったと興奮しながら言った叔父は、すでにメロメロの私を四つん這いにすると、バックで激しく突いてきました。
やはりひさしぶりだった私も乱れに乱れてしまい、本当はしたくない自ら腰を使う騎乗位を自分から求めてしまいました。

そして、叔父のペニスをアナルでも受け入れて、感じてしまった私。
何度ものぼりつめ、気が遠くなりかけた時、叔父がアナルからオマンコに再びかえると、「ひさしぶりにシオリの中に出してやるぞ!いいな!」と、膣への中だしを要求してきました。
いけない、また赤ちゃんができてしまう!とは思っても、叔父にガンガン突かれると「ダメ…叔父さん…ダメだよ…」と言うのが精一杯でした。

叔父の動きが止まり、私の耳元で「逝かせて欲しいか、シオリ」と囁いてきました。
私は不本意ながらも頷きました。
ゆっくり叔父が腰を振りはじめました。
ゾクゾクする快感が襲ってきました。
「言葉にしていうんだ、シオリ」それは言いたくありませんでした。
強引にまだ注学生の私の全てを奪い、オトナの女にした叔父。
そんな男にイカせて欲しいなんて…絶対言うものかと思っていたのですが、ゆっくり、イク寸前でやめる叔父の責め…イクことを知らなければこの快感で満足だったのでしょうが…

「イキたいんだろう?シオリ」と耳元で囁かれ続け、叔父がゆっくり腰を振ります…「叔父さん…」
「なんだシオリ」腰の振りが速くなります。
「ああーーーっ!叔父さん!」
「どうして欲しいんだ!」
「逝かせて…」
「ん?聞こえないなぁ、シオリ」また腰の動きがゆっくりになりました。
もう限界でした。

「逝かせてっ!逝かせてーーーーっ」決して言うまいと思っていたのに。
また私は叔父に負けたのです。
「よし、イクときはイクッていうんだぞ、シオリ!」叔父が激しく腰を振りました。
「イクッ!」この時、初めてこの言葉を叫んでしまったのです。

頭が真っ白になり、叔父のほとばしりを子宮に感じ、気がつくと、また叔父を受け入れ果てる。
夕方までさんざんイカされてから家に戻りました。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。