パンツに手を入れるとモッコリしたツルツルの恥骨が出迎えてくれて・・

俺が小学6年生のときの話。

毎年、夏休みになると、日本中に散らばった親戚が、九州のじいちゃん家に集まった。

年に一回しか会えないイトコ連中だったが、とても楽しみにしていた俺だった。

大きな旧家で、現役時代は村長だったじいちゃん家には、離れに、漁師を泊めるための小屋があった。

数年前まで使っていたその小屋は、子供たちの良い遊び場になっていたんだ。

ある時、押入れを開けると大量のエロ本が出てきた。



みんなでキャーキャー叫びながら、ページをペラペラめくっては、またキャーキャーと叫んだ。

『気持ちワリ~!』と言いつつも、興味深々だった俺は、夜中、コッソリ起きて、エロ本を読んでいた。

ある夜、小屋へ出かけると、電気が付いていた。

『親がいるのかなぁ?』と思った俺は、引き返そうとしたが、エロの興味が勝ってしまい、恐る恐る小屋へと向かったんだ。

素早く逃げれる体制を取りながら、ソ~ッと扉を開けると、部屋には誰もいなかった。

電気の消し忘れか?と思いつつ、ホッとした俺。

部屋に上がって押入れを開けると、なんとソコに、1歳下の従兄妹のマユミが隠れていたんだ。

ビックリした俺だった。

腰が抜けて、声も出ないほど驚いた俺だった。

マユミは、体操座りしながら、恥ずかしそうに俯いて、小さく丸くなっていた。

え~??と思った俺だが、マユミが何しに来ていたかは、すぐに分かったんだ。

マユミがエロ本を??と思いながらも、俺もエロ本を読みに来ていたので、自分も恥ずかしくなった。

するとマユミが、『誰にも言わないで・・・』と、泣きそうな声で訴えてきた。

俺も、『俺のことは言うなよ』とマユミに言った。

するとマユミが、不思議な顔をして俺を見た。

『私を探しに来たんじゃないの?』と言うのだ。

『しまった!そう言えば良かったじゃん!!』と思った俺だったが、言った言葉は返らない。

マユミに、俺もエロ本を読みにきたことを知られてしまったのだ。

『性君もエロ本見に来たの??』と、言わんばかりの顔で俺を見るマユミ。

恥ずかしくなった俺は、電気を消して帰ろうとした。

恥ずかしさと焦りのあまり、すぐに電気を消した俺。

辺りは一気に真っ暗になった。

『アッ!』と声を上げたマユミは、この暗さが怖かったようで、『見えないよ』と言いながら、手探りのように押入れから出てきた。

黒い影が動く方に手を伸ばし、マユミの手を掴んだ俺は、ゆっくりその場に立たせてやった。

背の高いマユミは、俺とさほど身長が変わらなかった。

距離感がイマイチ掴めなかったのか、マユミの息が、俺の顔にかかるほど接近していた。

驚いた俺は、顔から離れ、『ごめん』と言った。

マユミは、何を謝ったのか分からないようだった。

手をつないだまま立っていた二人。

変な空気が流れてきた。

お互いに、帰る一歩が出ないでいた。

このままずっと、こうしていたいと思うようになった俺は、ギュッとマユミの手を握った。

すると、マユミもギュッと握り返してきたのだった。

ドキュ~ン!と心臓が高鳴った俺。

子供ながらに、『イケる!』と思った。

興奮がマックスだった俺は、マユミをガバッと抱き締めて、グイグイと体を締め付けた。

人形のように揺れるマユミだった。

髪からシャンプーの香りがして、『おお!』なんて感じていた俺だった。

コツコツした身体だと思った。

『細い身体だなぁ』ってのが、一番の印象だった。

ブチュッと唇をくっ付けると、柔らかくて、唾液でヌルッとした感触がした。

何の味もしなかったが、マユミの、フーフーという鼻息が凄くて印象的だった。

息も熱く、頬も熱いマユミだった。

エロ本で見たように、舌をネロンと忍ばせると、マユミの舌も必死に絡んできた。

『すんげ~!こんな感じなんだぁ!!』と、頭で思いながら、絡み合う舌のヌメヌメ感に、全身がビリビリするほどの興奮を覚えた。

マユミの息が、口からいっぱい吐き出されてきた。

ハァハァしながら舌を絡めるマユミに、凄い満足感を感じていた俺だった。

パジャマの下に手を入れて、素肌に触った俺。

スベスベした心地良さが、俺を更に欲情させた。

乳房に手をやると、乳首だけがピンと立っていて、柔らかさも膨らみもなかった。

乳首をクイクイ摘みながら、『乳首って硬いなぁ』と思う俺だった。

マユミの口から、『ん・・・ん・・・』と、糸のような声が漏れてきた。

『気持ちいいのか?』と思った俺は、更にキュッと摘んでみた。

すると、『痛い・・・』と囁くマユミだった。

喘ぎじゃなく、痛みの声だった。

マユミのパンツに手を入れると、モッコリしたツルツルの恥骨が出迎えてくれた。

硬くて小さな山は、何ともエロい盛り上がりだった。

更に奥まで進入させると、グッショリ濡れた割れ目に到達した。

おマセだった俺は、女が濡れる理由を知っていたので、マユミの濡れ方には感動を覚えた。

ヌルンヌルンと、割れ目に指が入り、その度に、マユミの腰が引けるように動いた。

初めて触れた粘液の滑り具合は、想像以上に凄かった。

割れ目の中は、カッとするように熱くて、ジュブジュブに濡れていた。

グニャグニャした触感は感動的だった。

でも、二人の関係は、ここで終わった。

外で物音がしたので、逃げるように解散した俺とマユミだった。

その後も、数日間一緒に過ごしたが、マユミからのアクションはなく、俺からも仕掛けることはなかった。

夜な夜なエロ本を読みに行ったが、マユミが来ることはなかった。

懐かしい、青い思い出なのだった。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。