少し垂れたところが熟女らしく魅力的だったw

営業職をしていて佐久間といいます

取引先の会社の購買の責任者で、

51歳の中山次長という独身お局OLがいます。

単刀直入に遠慮なく上から意見を言うので、

出入りしてる業者は、みな口を揃えて嫌っています。

ただ、自分にとっては、営業成績に大いに影響する大口のユーザーです。

会わないと仕事がもらえません。

ワイドショーで見る弁護士の大渕愛子と

女医のおおたわ史絵を足して2で割った感じです。

目つきが少しきつく感じます。

女性らしくしてれば、少し美人かもしれないが。

ご機嫌取りと仕事を貰うために接待することもあります。

最近、彼女から食事の招待を受けたいようなことを遠回しに言ってきたので、

食事の計画を立てることにしました。

彼女は、普段はワイン党です。

自分は日本酒党で、ワインの知識がありません。

最近、フルーティーな日本酒が女性に人気で、その辺を踏まえて、箸で食べるフレンチでどうか彼女に聞いてみると、是非行きたいとお願いされました。

4日後の金曜日に予約が取れたと連絡すると喜んでくれました。

別件で話があるので、明日来て欲しいと言われ、明日行くことになりました。

明日の訪問に備え、酒屋に行き評判のいい大吟醸の日本酒(4合瓶)を買いました。

翌日の15時に訪ねて、自分が美味しいと思っている日本酒を、刺身と合わせて飲んでほしいと渡すとすごく喜んでくれました。

本題は次の仕事の話しで、うちに有利になるように動くからとのことでした。

金曜日の待ち合わせ日時を決めて、取引先を出ました。

(すぐに接待効果が出たなと思いました)

夜、中山次長からメールがきました。

内容は、飲んだ日本酒の感想でした。

最初にメロンの香りがすることにビックリし、サラッとして、飲みやすく、日本酒のイメージが一変し、ビックリするぐらい美味しかったと書いてありました。

金曜日の件、すごく楽しみにしてると合わせて書いてありました。

3日後、次長と一緒に予約した店に入りました。

次長を接待するのは3回目で、過去2回は苦手なタイプなので、上司にも同席してもらいました。

今回は2人だけです。

最初に、火曜日の日本酒のプレゼントの感謝のお礼をいただきました。

いつもの次長と違い、今日は、おしとやかだった。

コース料理で、出される日本酒は事前に調べておいたので、ウンチクを述べながら、料理を食べていただきました。

すごく満足したようで、今度は、次長が自分を近々招待すると言い、店を出ました。

1週間後の金曜日に待ち合わせ場所のイタリアンの店に行きました。

最初は、日本酒が好きになったと言うので、日本酒の話しをし、続いて、仕事とか世間話をしながら飲んでいました。

そのうち次長から、トロンとした眼差しで、かなり酔って足元がふらついているので、家まで送って欲しいと言ってきました。

嫌なことが頭の中をよぎったが、せっかくここまで来て仕事を失いたくないので、送ることにしました。

次長の家は、その店から歩いて10分とのこと。

次長から

「中山君が飲ませ上手だから、飲み過ぎちゃった」

と言い、自分の腕に抱き付いてきました。

もろに胸が腕に当たっています。

酔っていると言うわりには、足取りはしっかりしていました。

頭の中で作戦を考えながら、歩いていると次長の住むマンションに着きました。

部屋に入ると、飲み直そうと言い、手を引かれてソファーに座ると

「今度の仕事は、中山君に渡したいから、今日は泊まっていって、お願い」

「・・・はい」

「わたしのこと嫌い?嫌々返事してるから」

「いや、ほかのベテランの業者がいるのに、光栄だなと思ったので」

「じゃあ、決まり」

と言って、お酒とかつまみを用意し終わると

「お風呂に入ってくるから、逃げないでよ」

と念を押されました。

もう少し酔わないと、この先やってられないと思い、グイグイ飲みました。

風呂から出てくると次長は、丈がひざ位のネグリジェでした。

隣りに座って、キスを催促するような仕草をしたので、優しくキスをすると、鼻息が荒くなり、自分の唇をむさぼりついてきました。

耳を愛撫すると

「あぁぁぁん、中山君、あー、感じるよ」

(よっぽど、男に飢えていると思った。)

「あぁぁぁん、中山君、ベッドに行こう」

次長を抱っこして、寝室に移動しました。

じぶんが服を全部脱ぎ、次長にキスと耳、首の愛撫を交互にしながら脱がしていくと、予想外にまともなスタイルだった。

少し肉付きがよく、少し垂れたところが熟女らしく魅力的だった。

(ここでガッカリさせると、大口の契約が取れなくなるので、頑張るしかないと思った。また、久しぶりの男性経験だろうから、愛撫だけでイってもらっては困るので、ほどほどにするようにした。)

脇の下から胸を愛撫し、焦らしながら哺乳瓶の先のような大き目の乳首を吸うと身体が少し反り返り

「あぁぁぁん、あぁぁぁん、中山君すごく上手」

つぎにクンニをすると、少し痙攣気味に感じ出したので、短めに終えて挿入することにした。

ゆっくり挿入すると

「あぁぁぁん、すごい、中山君、すごい、大きい、あぁぁぁん」

少し攻めたあと、攻めるのを止めると

「どうしたの?ねえ、やめないで」

「契約の話し、うちと契約してくれますか?」

と言い、1回だけ突いてやめると

「あぁぁぁん、するから、やめないで」

再度、攻めながら

「ほんとですか?」

「ほんとうだから、やめないで、お願い」

何度か、止めたり再開したりして攻めました。

「あぁぁぁん、中山君の大きい、すごい、あぁぁぁん」

「次長もステキですよ」

「あん、あん、イク、イク、あーダメ」

「じゃあ、いきますよ、出してもいいですか?」

「ああああ、出して、あぁぁぁん、ああっ・・・。中山君・・・」

次長は、昇天して満足そうな顔をしてた。

翌朝の次長は、すごく女性らしい振る舞いに変わっていた。

最近の話しで、今も関係が続いています。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。