アソコからは出し入れされるたびにいやらしい音が響いて..

先日、突然同僚と出張に行く事になりました。

同僚は今流行の草食系で、オタクな男子でした。

その同僚とビジネスホテルに宿泊して、

翌日帰る予定で仕事をしました。

仕事が終わり、ホテルに戻って疲れきっていた所に、

同僚が「マッサージしましょうか?」と言ってきました。

この同僚、マッサージはプロ並みに上手いのです。

普段からよくやってもらっていたので、お願いしました。

しばらくしてから部屋に来ると言うので先にシャワーを済ませ、

パジャマに着替えた後にマッサージをしてもらいました。

疲れていたせいもあり、

あまりに心地良いマッサージについウトウトしてしまい、

いつの間にか寝てしまっていました。

違和感があって目を覚ますと・・・

パジャマのボタンは外され、

ズボンとパンティーは脱がされていました・・・。

ビックリして、起き上がろうとする私の足を押さえ、

同僚は、激しくアソコに吸いつきながら、

指を激しく中で掻き回してきます。

「嫌っ!やめてよっ!」

私は嫌なのと恥ずかしいのと訳が分からないまま抵抗しました。

でも既に私のアソコは、グチャグチャにされていて、

嫌なのに感じてしまったのです。

そして同僚は大きくなった自分のモノを私のアソコに入れてきました。

「入れないで!お願い!」

私は、オタクに入れられるのはさすがに嫌だと思って抵抗しました。

でも同僚は強引に私の中に入ってきました。

私は感じてしまい、嫌なはずなのに声が漏れてしまったのです。

同僚は私の乳首を舐め回しながら、

段々激しく腰を動かしてきます。

私は抵抗する言葉を口にしつつも、

アソコからは出し入れされるたびに、

いやらしい音が響いていました。

同僚は更に激しく腰を振りながら私を抱きしめ、

奥深くまで入れてきます。

私は同僚に手を回し、抱きついてしまっていました。

精子が出ているのを感じた私は、

同僚を突き飛ばそうとしましたが、既に遅かったです。

まさか中に出されるとまでは思わず、放心状態でした。

それから、

「寝ている私を見ていたらどうしようもなく興奮してしまった」

と弁解してきました。

会社の人間は、

まさかあの草食オタク系の同僚に

私が抱かれていたとは思いはしない事でしょう。

この事はこの先墓場まで持って行くつもりです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。