私の奥に精子を何度も吐き出してきました

先月の話です。

会社の同僚の女友達とBARでお酒を飲みながらグチを言い合っていました。

内容は、周りの女子たちが結婚していき、

お局と化した私たちを慰めあっていました。

イイ感じにお酒もまわってきてそろそろ帰ろうかといった時に、

他のテーブルにいたサラリーマン二人組が話しかけてきました。

とても明るい感じで雰囲気もよかったので

友達と話し合って少し同じテーブルで飲むことになりました。

話を聞いてみると、何と同じ会社の新入社員でした。

彼らはお酒の量もハンパじゃなく

ビールを水のようにガブガブ飲んでいました。

私たちはそろそろ帰ろうかといった所だったので

付き合うのはかなりキツくもうグラグラでした。

会話も初めは普通の日常会話でしたが、

お局様の私たちは当然のように下ネタになり

「サイズが大きいの?」とか「オカズは何で抜いてるの?」

とか聞いたりしました。

結局そのまま話しの流れで私達はお持ち帰りされてしまい、

ラブホテルの部屋に別々に分かれて入りました。

部屋に入るなり力強く抱きしめられて

Dキスをされそのまま服を脱がされ攻められると、

お酒のせいもあり力が抜けてしまいました。

私の相手も服を脱ぎ全裸になり、ペニスを私に触らせました。

舌でペロペロ舐めて尿道口やカリ首を攻めました。

そのうちにペニスがムクムクとさらに大きく硬くなってきました。

彼が私を下にしてアソコにペニスをあてがい、

少しずつ少しずつ私の中にペニスをネジ込んできました。

そして私の奥に到達しました。

彼はゆっくり優しく動いてくれましたが、

ペニスを引き抜く度にカリの部分が私の中をゴリゴリとえぐり、

酔いと気持ちよさでそれだけで何度も意識が飛びそうになりました。

だんだんスピードが速くなってくると

ペニスの先が「ドン、ドン」と

私の奥を突き破らんばかりの勢いで突き上げてきました。

バックにされると私はオモチャのようにされるがままに突かれました。

まるでレ○プされているような感覚が興奮を誘い

何度も絶叫してイッてしまいました。

途中、失神してしまったのか寝てしまったのかわかりませんが、

気が付くと私は仰向けになっていました。

奥へ奥へと突いてくる彼の顔が険しくなってきました。

(えっ、ちょっと待って、もしかして私の中に?)

と思った時はすでに遅く彼が「イク!!」と言った直後、

彼のペニスが私の中でブワッツと膨らみ

大量に熱い精子が私の奥を直撃しました。

(あ、今日危ない日!)

と我にかえりペニスを抜こうとしましたが

腰をしっかり押さえられていたのでムリでした。

ペニスが「ビクン、ビクン」と押し寄せる波のように

精子を私の中に送り込んでくる様子がわかりました。

彼は「ア゛ア゛ア゛ア゛~」と野獣のように吼えながら

その度に私の奥に精子を何度も吐き出してきました。

(何で中に出すの)と言いたかったのですが、

酔った勢いでSEXした私も悪かったので何も言えませんでした。

彼が「ごめんなさい。もしできちゃったら責任取ります。」

私「本当?約束だよ。」

そして彼がペニスを抜くと

「ブリュ」

とオナラのような音とともに精子が膣口から

「ダラ~」と流れ出してきました。

彼が何度もティッシュで拭いてくれましたが、

奥からイッパイ溢れてきたのでキりがないので、

二人でお風呂場に行きシャワーで洗い流しました。

その後、ホテルを出て彼は私の家まで送ってくれました。

翌日会社にいくと友達が寄ってきて、昨夜の話をしました。

彼女も中出しされたそうです。

席に着き、パソコンを立ち上げメールチェックすると、

彼からメールが届いており、

昼休みに会いたいとのこと。

ドキドキして過ごしました。

昼になり部屋をでると、彼が待っていました。

会社をでて近くのファミレスにはいると、

彼が、「僕とつきあってくれませんか。」

私「責任を取るってこと?」

彼「違います。本当にあなたのことが好きなんです。実は入社式のときあなたのことを見て、ひとめぼれしてしまいました。そして昨夜、帰宅しようとした時あなたの姿を見かけ、話をしたく同僚を誘ってあなたと同じBARへはいりました。チャンスがあったら告白しようと」

そして私たちはつきあいました。

半月後、生理が遅れていたので妊娠検査薬をつかったところ。

おめでたでした。

そのことを彼に告げると、彼は私の両親にあい、結婚の承諾を得ました。

急いで式をあげて、新居を探しました。

私は会社をやめて、出産の準備をしました。

私の友達も見事に妊娠し、同じように寿退社しました。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。