そのまま押し倒され唇を唇で塞がれました!

小さな食堂を夫と営んでましたが、

二年前に夫が亡くなり、

去年息子が都会に就職して一人になりました。

私は五十を過ぎ、乳房は垂れ下がり、体はブヨブヨのデブ!

まさか、こんな私が男の人と関係を持つとは思いませんでした。

近くの鉄工所に勤める三十代の男性(祐介)です。

昼は毎日の様に、夕方もたまに食べに来てすっかり顔馴染みでした。

息子には良いお兄ちゃんの様で、

夫が亡くなった時も気遣いしてくれました。

その日は日曜日で早く店終いしました。

そこに日曜だと言うのに珍しく祐ちゃんが顔を見せて・・・。

「もう終わったの?」

パチンコで負け、夕飯を食べてアパートに帰るところだったそうです。

私は何の躊躇いも無く家の中に招き入れ・・・。

私「ご飯物なら出来るから入りなさいよ」

祐介「悪いな・・・母ちゃん(笑)飯の前にビール飲みだいな!」

私「じゃ店の冷蔵庫から持って来て!チャーシュー切って上げるから」

ビールにチャーシューが定番の祐ちゃん。

祐介「母ちゃんも飲みなよ!」

生前、夫は祐ちゃんと飲んでましたが、私は初めてでした。

世間話をしながら祐ちゃんと飲んでるとチャーシューが無くなり、

「もう少し焼豚持って来るね!」

と私が台所で焼豚を切ってると、

祐ちゃんが後ろに来て・・・。

私「今切ってるからちょっと待って・・・」

祐介「母ちゃん・・・」

後ろから抱きついて来たのです!

(まさか、太ったオバサンの私に?)

仕事も終わり、半纏を脱いで肌着一枚にスカート姿。

垂れた両乳を鷲掴みに揉み、硬くなったモノをお尻に擦り付けて来ました。

私「ちょっと・・・祐ちゃん酔ったの?・・・」

そのまま押し倒され唇を唇で塞がれました!

何が何やら?頭が真っ白になってしまいました。

肌着は捲り上げられ、ブラジャーをしてない乳房を弄ってました。

祐ちゃんの唇は乳房を揉みながら乳首に吸い付いてました。

気が動転して声を出せませんでした。

金縛りの様に体も動かせませんでした。

腰ゴムのスカートをパンツごと脱がされてました。

私は現実とは思えず、天井を見てました。

両足を持ち上げられ大きく股を広げられ、

祐ちゃんの舌先がオマンコに触れた時、ズンと電撃が走りました。

祐ちゃんが手を離しても何故か私は股を広げたまま。

祐ちゃんが立ち上がり、服を脱いで裸になるのを夢うつつに見てました。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。