吸っているうちに乳首が少しずつ大きくなって...

ある日、いつものように学校から帰って

玄関の鍵を開けようとポケットの鍵を取り出そうとすると、

すすり泣く声が聞こえてきた。

ふと顔を上げて、向かいの家をみると、

美和さんが後ろ向きになってるのが見えた。

小さな庭に入り、濡れ縁まで近づくと、美和さんは、

横座りになって肩を落として畳を見つめ、泣いていた。

どきどきした。

見てはいけないものを見てしまった気がした。

シオンちゃんは今日はいないようで、

静かな家の中には、時々洟をすする音が響いていた。

見て見ぬ振りしようと、後ろずさろうとしたら、

「ケン君?」と、後ろ向きのまま声を掛けられた。

「うん」

「おかえり」

「ただいま」

「・・・・・・」

「・・・・・・」

悲しい気持ちが声に出てて、たまらなくなった。

畳にあがり、膝をすりながら、すぐ傍に近づいた。

下を見ると、畳がぽたぽた落ちる涙で濡れていた。

「おねえ、ちゃん?・・・」

耳がきーんと鳴っているように感じた。

こんな時、大人はどうするのだろう?

頭の中はぐるぐる回るばかりで何もわからない。

なにかすることを探して、見つけたように、何も思いつかない自分に言い訳するように、小さい子供が泣くのをなだめるみたいに、手のひらで背中を上下にそっと撫でた。

ゆっくり撫でているうちに、しゃくりあげるような泣き声が聞こえだして、美和さん、くしゃくしゃの顔をして静かに泣いていた。

大きな瞳が濡れてて、長いまつげにしたたり、ああ綺麗だなと思った。

そんな事を考えてる自分に、むっとして、僕は黙ってしばらくの間、できるだけ優しく、背中を撫でていた。

竿竹屋さんの売り声が通りから聞こえてきた。

ふと、彼女は向きを変えて、こちらを向いた。

いきなり、彼女は僕を抱きしめてた。

膝立ちになって、ぎゅっとしているから、僕の頭は美和さんの両腕が回されて胸に押し付けられてた。

美和さんは、声を出してわんわん泣いていた。

心臓が止まりそうだった。

白いTシャツの下の、柔らかな、だけど弾き返されそうな胸に、僕の顔が埋まってた。

どれくらいなのか、見当もつかないくらい時間が過ぎた。

僕はどきどきしていた。

頬っぺたに、たぶん乳首の感触・・・。

いつも真っ白なTシャツにくっきり浮かんでいた、あの乳首が頬に当たってる。

美和さんが悲しんでいることも忘れ、僕はくらくらしていた。

「ありがとうね」

どれくらいたった頃か、そう美和さんは囁いた。

静かに美和さんは抱擁を解いて、僕の両頬を手のひらで挟み、顔を覗き込んだ。

「えっちな事、考えてたでしょ」

美和さんは、涙だらけの顔で、微笑みながら言った。

「考えてないよ」

「うそ」

「うそじゃない」

「うそ」

「うそじゃない」

「うそついてもおねえちゃんにはわかっちゃうんだぞ」

「なんで?」

見透かされて戸惑いながら、なぜばれたかわからずポカンとしていると、「こ、れ、」と、僕のジーパンのチャックを指差した。

「おっきくなってるもん」

テントが張っていた。

全然自分では気がつかなかった。

僕は恥ずかしさに頭に血がのぼり真っ赤になってるのがわかった。

美和さんの顔を見れなくなって、凍ったように下を向いて黙った。

くすっと笑う音がして、

「恥ずかしがることないんだよ。

男の子なんだから」

「・・・・・・」

「ケンちゃんくらいの年になるとみ~んな、女のひとのからだが気になって仕方ないんだよ」

「・・・・・・」

「ほら、ケンちゃん?」

「・・・・・・」

「・・ずっと、いつも、私の顔よりもおっぱい見てたでしょ?」

ばれてた事を知り、もっと下を向いた。

顎が胸に当たり、下唇が出てきた。

でも、美和さんは顔だって綺麗で、スタイルもすんごく良くて、見てたのはおっぱいだけじゃないから「・・そんなことないです」と、言った。

「大丈夫だよ。

男の人は、みんな見るのが当たり前」

「・・・・・・」

そんなことないのに、と僕は下を向いて拗ねたそぶりをした。

するとまた、両頬を手のひらで挟まれ、美和さんは僕の顔を覗き込んだ。

もう、涙は止まっていた。

ほっぺたに涙のあとが残ってて、鼻が少し赤くなっていた。

「ねえ、ケンちゃん」

「・・・・・・」

「ケンちゃんってば!」

「・・・・・・」

「おっぱい、触りたい?」

意外な言葉に思わず、「え?」と聞き返していた。

目の前にある彼女の胸まで、目を上げて見つめてしまった。

すくっと美和さんは、立ち上がると、開け放たれていた、小さな庭がわのガラス戸をガラガラと閉めて、レースのカーテンを引いた。

そのまま振り返ると、おもむろにTシャツを脱いだ。

午後の陽の光の中、シルエットの美和さんは、とても綺麗だった。

背が高くて、モデルさんみたいに手足が長くて、肩が少し張っていて、頭が小さくて、ちっとも太っていないのに、美和さんの胸は、Tシャツ越しに見える形そのままに、格好良くて、大きいのに全然垂れさっがってなくて、目が慣れてくると、日焼けした顔と対照的に、肌が白くすべすべしてて乳首が綺麗な薄いピンク色なのがわかった。

乳首の周りの輪からも少し盛り上がっていた。

いつか見た、外人のヌード写真よりも、綺麗で、格好良くて、なんだかエッチな気がした。

「どう?」

「・・・・・・」

「ぽかんと口あけていないで、なんか言って」

全然気がつかなかった。

あわてて顎に力をいれて、舌を少しかんで痛かった。

「ははは、大丈夫?・・・で、どうですか?」

「きれいです」

美和さんは、優しい笑顔で「ありがと」といい、僕のすぐ前に座った。

僕もずっと立て膝だったのを、同じように座った。

「いいよ」と、僕の左手をつかみ、美和さんは胸を触らせてくれた。

手のひらが熱いように感じた。

柔らかいのに弾き返されそうなさわり心地に僕は魅了された。

いつのまにか右手でも触っていた。

両手で、ふたつのおっぱいを触り、もみ、乳首をつまんだり、乳輪をなぞったり美和さんの顔も見ずに、触り続けた。

心臓のどきどきが強くなり、ジーパンのチャックの下でおちんちんが痛くて仕方なかった。

「いたっ!」という声にびっくりして、美和さんの顔を見上げた。

「あまり強くつままないで。

女の人の体はデリケートなんだぞ」

「ごめんなさい」と、僕は両手を引っ込め、膝の上に置いて目を伏せた。

「いいよ。

続けて。

吸ってみてもいいよ」と美和さんは言った。

いつもシオンちゃんに独占されていたおっぱい。

いつも羨ましかった。

でも赤ん坊みたいで、おっぱいなんか吸えないよ、もう4年生なんだからといつも強がって、抵抗感もっていた。

・・・けど、目の前にあるホンモノのおっぱい。

美和さんの。

好奇心には勝てなかった。

僕は、ひとつのおっぱいを両手で挟み、噛むように乳首に口をつけた。

美和さんは、両肩の上から手を背中にまわすようにして僕に引き寄せた。

しょっぱかった。

夢中だった。

吸っているうちに、乳首が少しずつ大きくなっていった。

気持ちに余裕ができたのか、探検心というか、しだいに色んなことを試した。

手のひらで摩り、重さを確かめ、指先で押し、つかんで震わせ、親指で転がし、乳輪を指でなぞり、、両方のおっぱいを挟んで寄せ、口の中でべろが、乳首をさっと掠めた時、「あっ」と美和さんが、ピクッとした。

「ごめんなさい!」

「いいよ。

感じちだしちゃった・・・まいったな・・・」

美和さんが、微笑みながら少し困った顔をした。

僕は、女の人が、感じる、という意味がわからず、あいまいに、ぎこちなく笑って、美和さんの顔を見つめた。

「ごめん。

これ以上は大人のすることだから」と、いって僕の背中から手を離し、傍らのTシャツを手にとった。

「僕、おねえちゃんが好きだ」

無意識に、言っていた。

びっくりした。

美和さんは、目をそらして、黙って、動かなかった。

「おねえちゃんが、好きだ」もう一度言った。

「でも、ケンちゃんよりずっとおばあちゃんだよ」

おばあちゃんって、美和さん何言っているんだろう。

全然しわしわじゃなくて、綺麗で、優しいのに、

全然おばあちゃんじゃないじゃないか。

「おねえちゃんをお嫁さんにしたい」

「・・・・・・」

「おねえちゃんを守る」

「・・・・・・」

「おねえちゃんとずっとこうしていたい」

考えまいとしていたけど、それが本心だということ、言いながら自分で噛み締めていた。

「よく考えて、ケンちゃん。

おねえちゃんは、ケンちゃんよりも12歳も年上なんだよ?ケンちゃんが大きくなって、結婚できる年になっても、変わらないんだよ?ケンちゃんが、20歳の時、おねえちゃんは32歳。

ケンちゃんが、30歳の時、お姉ちゃんは42歳。

無理だよ」と、美和さんは、僕の目を見つめ、静かに諭すように言った。

考えたが、僕にはその言葉の意味がわからなかった。

「関係ないもん」

「・・・・・・」

「おねえちゃん、お嫁さんになってください」


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。