「最高!」と吠えたセフレ

友人と3人で画策し、俺のいらなくなったセフレを呼んで4人で宅飲み。

2人には別室に移動してもらい、セフレと2人きりになったところで

「しゃぶってよ」

と言った。

「えー?2人が戻ってきたらどうするのよ」

「大丈夫大丈夫。あの2人、なんか話があるらしいから」

という流れで、俺はズボンを脱いでジョポジュポとフェラしてもらう。

そこに計画通り、2人が戻ってきた。

「あれ~?何しちゃってるの~?」

その声でセフレは慌ててチンポから口を離してテーブルへ戻る。

「飲み直そ」

とか言っちゃって、友人2人に乾杯をねだるセフレ。
俺は下半身丸出しで近づき

「ねえ、続きしてよ~」

と言って、スカートをたくし上げて指をぶち込んだ。

「あっ…!」

と言うセフレの反応に合わせて、友人の1人が押し倒しキスをしだす。

もう1人の友人もニヤニヤしながら近づいてきて、ブラを外しに掛かる。

「ちょ、ちょっと待って」

慌てたセフレが抵抗しながら更に言葉を続けた。

「エッチは嫌だ。3人とも口でしてあげるから、そこに並んで」

目が点になる俺達。

「アホか。どうしても口が良いならこいつを1分以内にイカせろ」

と友人を押し出す。

「はい、スタート。1、2・・・」

慌てて友人のイチモツにしゃぶりつくセフレ。

「57、58、59、60。はい駄目~」

で、再び3人で押し倒す。

俺ともう1人で片足ずつ持ち股を広げさせて

「オナニーしろ」

と強要。

残りの友人のイチモツをしゃぶらせながらオナニーさせる。

「あふっあふっ、ふるひい(苦しい)」

イラマチオを断行する友人に涙を流しながら、抵抗しようとするセフレ。

「もう俺我慢なんねぇ」

セフレの口からチンポを外した友人が、セフレに挿入して呆気なく果てる。

次に俺が挿入。

その時には、セフレも腕を絡ませてきてアンアン喘ぎ始めた。

それを見ながら

「スゲエな、スゲエな」

と言っている友人。

俺はその2人の視線に興奮しながら、顔面に精子をぶちまけた。

残った最後の友人は巨根。

そいつがバックからブチ込んだ時、

「最高!」

と吠えたセフレ。

アフアフ叫ぶ口に、俺のイチモツをぶち込んで愛液の掃除をさせた。

終了後、

「んじゃ帰りな」

と、放心状態のセフレに服を着させて家から放りだした。

それを最後に、あいつがどうしてるかは知らない10年前の話。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。