小5の時でした。母から射精してもらったのは・・

小5の時でした。母から射精してもらったのは・・・。
夜のことです。寝てる時、下半身がなぜか痛くなってきまし
た。夜に母が着替えてる姿を見て勃起してしまったのです。
性的なことに関心がなかった僕は、勃起は病気だと思い込み
、不安になりながらもそのまま眠りにつきました。
しかし、朝に起きて下部に驚きました。白い液が・・・。
初めての夢精でした。不安が限界に達し、真っ先に母の元へ
行きました。恥ずかしさを忘れ母に相談しました。



「ママ・・・」
「ん?どうしたの」
いつもの母の返事でした。僕は思い切って母に言いました。
「チンチンが大きくなって・・・朝・・白い液が出てきて」
僕は母の目の前で初めてパンツを脱ぎました。小さいチンチ
ンの先から白い液が垂れ、床に落ちました。母は少し驚いて
「大人に近づいた証拠だね。大人に近づくと男の子はみんな
白い液が出るのよ。安心してね」
そういうと母はそっと僕をお風呂場へ連れて行ってくれまし
た。
「今日は日曜でパパも朝早くゴルフに行っていないからお風呂
に今から一緒に入ろっか?」
僕は緊張しながらも小さく返事をし、脱衣所に母と入りました
。脱衣所で母はなにも言わず服を脱ぎ始めました。僕はその場
で棒立ちでした。夜の着替えを思い出したのです。胸の鼓動が
聞こえるくらい心臓が高鳴りました。母はブラを外そうとしてます。が、なかなか外れません。実は母はすごい爆乳なのです。母がブラを外すと爆乳が揺れました。モロに見てしまった僕は、チンチンが完全に勃起してしまいました。
「ママ・・下部がまた痛い・・・。」
そう母に言うと、
「もうすぐ直るからね」
僕は意味が解らず、シャワーを浴びて待ってると母がきました。

「ママが体洗ってあげるね。そこに立ってじっとしてて」

母は向かい合って体を洗い始めました。そして母は膝立ちで背中を洗い始めました。僕は一気に勃起しました。膝立ちしてる母の爆乳がちんちんを挟む形になり、パイズリ状態になってし
まったのです。さら母は背中の奥を洗おうとしたため、爆乳がちんちんを強烈に挟みました。母が上下に動いてる時僕は母に

「ママ、チンチンから何か出そうだよ・・。」
「出していいのよ。射精教えてあげるね。」
母は爆乳を手で持ち強烈にチンチンをしごきました。
母のIカップはあろう爆乳はとても気持ちよく、興奮を
押さえられませんでした。ついに僕は母のパイズリして
る手をどけ、母を立たせ後ろから立ちながら爆乳をわしづかみしたのです。
「ママ・・・」
「今日は特別に好きにしていいよ」

母のその言葉に

強引に後ろから爆乳を揉みまくりました。僕は興奮しました。
「ママ」そう言いながら母の爆乳をさらに揉みました。母のバストは柔らかく、揉みまくると大きめのバストは指先からこぼれました。
「アンッ」
母の声です。僕は母にお願いしました。
「射精おしえてほしい」
母は無言で後ろ向きになったままで僕のチンチンを握り、
しごきました。僕は快感を味わいながら、母の爆乳を揉みまくりました。とても気持ちよく僕は「ママ、出るっ」
と言うと母のヒップに射精しました。

「ママ、もう一回出していい?」

僕は母を仰向けにし、上に乗りました。母のバストに挟み
、自分でバストを揉みながらパイズリしました。
「ママ、ママ、気持ちいいよ」
「アン、強引ねえ。もっと強く揉んで好きにしていいからね」
強引に揉んで腰を動かしました。柔らかいバストは上下に揺れ

「出るよママ」
母に射精しました。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。