お母さん僕、どうしてもお母さんと・・

はじめまして、今までずっと、誰にも言えなかったことをお話したいと思います。
 あれは10年ほど前、父がプラント建設で中東へ単身赴任していたころです。
親しい友人と家で話していたとき、友人が、
「お前のお袋さんみたいな彼女がほしいな。」
といったのです、
とりあえず話を聞いていると、やれ若く見えるの、グラマーで美人だのと、
さんざん母を誉めるのです、
大好きな母を誉められて悪い気はしなかったのですが、彼が母とSEXをするときの、
願望を並べ立て始めたので無性に腹が立ち、彼を殴りつけ追い出したのです。
いらいらを押さえようと風呂に入り、上がって来ると仕事から帰った母が、
食事の仕度をしていました。
「あっ、お帰り今日のおかずは何?」
「エビフライとサラダよ、珍しいわね、こんなに早くお風呂に入って。」
取り止めのない会話を交わしながら、座ってそんな母を後ろから見ていました、
すると友人の言っていた母とのセックスのシーンが頭の中をよぎり、スカートからのぞくふくらはぎやセーターを大きく持ち上げる胸を舐め回す様に見る自分を感じました。

そして僕は勃起してしまいました。
それを知られないようにテレビを見に行く振りをして自室に入ると、初めて母を想いながらオナニーしたのです。
心の中で「母さん!!」と叫びながら・・・。
しばらくして母と食事をしながら、やはり目は胸や唇に吸い付けられます、
何気ない母の仕草の一つ一つがそれまでちがってなにかセクシーに感じられます。
会話がちぐはぐなって何度も母に咎められて、ごまかしながらも振り払う事が出来ずにいました。

食事が終わり後片付けしている母を眺めながら頭の中で何かが弾けるのを感じた時、ぼくは夢中で母にしがみ付いていきました、
最初母は僕がふざけて甘えているのだとおもったようで、軽く頭に空手チョップの真似をしてきましたが、僕が母の口にふきんをねじ込み、セーターをたくし上げると、初めて気が狂ったように抵抗し始めました。

僕と違い大柄な母を押さえつけるのは大変なことで、当時中学の柔道部で選手だった僕にも手に余るように思われましたが、僕も火事場の糞力が出ていたのでしょう。
母が弱るまで揉み合いながら、そこいらのベルトや母のセーターを使い、母の自由を奪っていったのです。
押さえつけられた母は涙を流しながらふきんの隙間から言葉にならない声で僕に訴えているようでした。
僕は口を塞いだのは正解だと思いました。
ちゃんと言葉で叱られ説得されれば、きっとぼくはその先に行けなかったでしょう、

なおも目で訴える母の顔をバスタオルで巻きスカートやばばシャツを千切りとって、母を半裸にする所まうまくいきました。
でも、散々暴れたせいでたたでも狭い部屋が、足の踏み場がないほどの状態になっていました。
そこで母を引きずって母の寝室へむかいました。
ベットに横たえた母を全裸にしていきながら、僕の心の中では善と悪が激しく戦っていました。
(ほんとに、こんなことしていいんだろうか!!)
(ここまでやって、もう許してもらえる筈がないじゃないか!!この美しい母を自分の物にするんだ!!)
結局、悪の方が勝ちました。

ベットに裸で横たわる母は、息子の僕が言うのも変ですが大変美しいものでした、
18才でぼくを産んだ母は、その時34才になったばかりで僕には輝くように、眩いものでした。
大きな胸に小さな乳首、弛みのないウェスト、引き締まって肉付きのいい太もも。
どれも小さな時お風呂で見たままの姿だったのです。

僕は母に手を伸ばしました。おっぱいをムギュッと握りしめると、何とも柔らかい感触です。でも、弾力もあります。
僕は母の乳首にしゃぶりつきました。
ぽってりしてます。夢中でチューチューと吸い立てました。
母はふきんを詰め込まれた口からくぐもった悲鳴みたいのをもらしました。
でも僕は、両手で母の乳房を揉みながら乳首も交互に吸い続けました。

母の身体に取り付き、執拗に稚拙な愛撫を続ける僕は、性欲に取り付かれた一匹の獣だったのかもしれません、
やがて母の口から漏れる声の調子が変わったような気がしました。
乳首が固くなっていました。
母のアソコに手をやると確かに汗や唾液と違う湿りを感じ、僕も限界を迎えつつあったので、母の顔からバスタオルを取り去り、足を大きく広げ一気に肉棒を突き刺していきました。

僕はそれまで経験したことのない快感に夢中で、はげしく、腰を打ちつづけました、
僕が射精するのに数分とかからなかったと思います、
母の中にさっき出したとは思えないほど大量に射精しました。
母の口からふきんをとり、
「お母さん僕、どうしてもお母さんと・・・その・・・。」
うまく説明など出来ずにくちごもる僕に、何も言わず、身動きもせず、放心したように天井を見つめる母は全てを許してくれたようにみえました、

結局僕は次の日が休みだったこともあって、人形の様に為すが侭になった母を朝がくるまで犯しつづけたのです。
いつのまにか眠りに付き目が覚めたときには、すでに夕方で、家の中に母はいませんでした。
片付いた部屋にはテーブルの上に食事の用意がしてあり、置手紙が置いてありました。
たった一言、
家を出ます
と書かれてありました、

それきり母の行方はわからず、帰国した父に打ち明けることも出来ず、今日に至っています、仕事のせいにして自分を責める父に何度も話そうとしたのですが、どうしても勇気が出ません。

母を愛ゆえに犯したのか、性欲に突き動かされただけなのか、まだ自分でもはっきり解りません。
ただ一つ僕に解る事は、僕の身勝手な行動がかけがえのない大事なものを、跡形もなく破壊してしまったということだけです。
暗い話で申し訳ありません。


読んでくれたあなた!本当にありがとう♪
ポチっとしてくれたら明日からも頑張れます(^^)/


官能小説ランキング


アダルトブログランキング


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。