淫乱な友達の彼女に中出ししてたら妊娠させてしまった

夏休みに海へ行ったら、友達の彼女に会った。

彼女は、女友達3人と来ていた。

彼女は、水色のビキニを着ていたのだが、これが普段学校で見ているよりもナイスバディで、一気に彼女を犯したくなった。

結構そのときは寒かったから、シャワー浴びにいこうって誘って、一緒のシャワー室に入った。



それでシャワー浴びながら、
「○○、いい身体してるなー もう○○(友達)は野獣だろ?」っていってると、
「そんなことないよ。喧嘩ばっかりで、最近Hもほとんどしてないし。」っていうから、「俺がしてやるよー」なんて言って、シャワー浴びながら、
後ろから抱き付いて、ビキニの上から胸を揉みしだきながら、大きくなったチンポを押し付けた。

「やんっ 雅也くん だめえ。そんなとこ押し付けちゃ」 声が出ないようにキスして舌をからめながら、ビキニの中に指をいれて乳首を両方とも指ではさみながら、舌でとろとろになるまでディープキスした。

我慢できなくなってきたから、下のお口にも指を這わせて、クリちゃんを指ではじきながら、
「こんなところでキスされるだけで、下のあそこがこんなに濡れてるぞ、 ○○(友達の彼女)は、エッチだなあ。」 「あっ だって 雅也がうまいんだよ、もう」 「雅也の舐めていい?」ってきくから おもむろにチンポを出してやった。

「はあっ 固いの久しぶり。雅也の太くて固くて、やんっ びくびく動くの」 舌でなぞるように舐めながら、お口の奥までくわえて激しく顔を動かしている 「自分で動かせるんだよ 俺。もう奥でこんなふうにびくびくされたいんだろ?」っていうと、
自分で壁に手をついて 腰をつきだして、 「雅也の、雅也の入れてえ」っていうんで、  下着をお尻が出るまでおろしてから、バックで両方のお尻を両手でつかんで、あそこを指で広げながら、チンポをあそこにくっつけたまま奥まで一気に突き上げた。

「んっ はああっ」って大きな声を出した。 そしたら隣に女の子達がいるらしくって、「隣でしてるよ。ぜったい きゃー」って言ってた。

「バックで犯されてるところ、隣で聞かれてるよ。いいの?」 「あっ。あぅ。だって、久しぶりだもん。雅也のすごく気持ちいいの。最高」 声を出さないように口を手で押さえながら、くちゃくちゃ音がでるまま、シャワーを浴びながら、ずっとバックで奥深くを突きまくっていた。

「雅也っ 雅也っ イクッ イクゥ」 胸を揉みしだきながら、首筋にキスしたり、クリちゃんを指でいじったりしながら、彼女がイクまで激しく音が部屋に響くくらい打ちつけた。

「ああ~っ! あっ、あっ!」
「気持ちよさそうだな。奥にたくさん出してやるよ」
「あ ああ だめ 赤ちゃんできちゃうよう」
「気持ちいいんだろ?自分で腰を動かして エッチな女だな○○は。」
「だめえ また イクの だめえ」
「イクぞ○○」
「たっぷりと出してやるぞ!」「妊娠しろ!!」
「うっ!」
ドクッ、ドクッ、ドククッ、グピュ、ドピュッ、ドピュピュン!
俺は、大量の濃い精液を子宮に注ぎ込んだ。

「あああう 雅也のが 雅也のがでてるう。熱いっ。すごいい」
彼女はびくっびくって、身体を痙攣させながらイってしまった。

チンポを抜いた後も 彼女はお尻をあげたまま。あそこからは、精液が、ドロリと垂れてきて、内股をつたって床に垂れ落ちていた。

後でシャワーをまた浴びて、一緒に外に出たんだけど、「すっごい気持ちよかったあ。Hするの2ヶ月ぶりで 雅也にはまりそうだよ」その日は、お互い帰った。

一ヶ月後、彼女から電話があり、「話があるから会いたい」といってきた。

俺の部屋によんで話聞くと、「雅也の・・・できちゃったみたいなの」って。

彼とはぜんぜんHしてなくて、いつもゴムをつけてるからできないそうだ。

それで、どうするか考えてたら、「雅也にシャワー室で犯されるようにHして、生でしちゃって・・中に出されて。 彼もいるのに他の男に妊娠させられちゃって、 なんか めちゃくちゃにされてるって気がして、 最近 夜になるとものすごくいやらしくなるの。 雅也には迷惑かけないから、ね おろすまで私をめちゃくちゃにして」っていいながら俺に抱きついてきた。

俺はその場で激しくキスして、下着をおろして生のまま、奥までいれたんだ。

彼女の中はものすごく熱くて、ぬるぬるだった。

入れてすぐに、 「あああう これなのう こうやって欲しかったあ」 俺も興奮してしまって、さらに、他の彼女を妊娠させたっていうので、ものすごく興奮して、正常位で腰を両手でしっかりと抑えつけたまま、激しく腰を動かした。

「あう 彼っ 彼以外の人に犯されてるう」
「彼以外の男に犯されて妊娠させられておかしくなりそうなんだろ?」
「ほら また、中にたっぷりと出してやるよ。俺の精子全部受けとめろよ」
ドクッ!ドクッ!ドクッ!ドクドクドク・・・
また、大量の精液を子宮に注ぎ込んだ。
「あう うう また また雅也のが 中で やめてえ」
にゅぼんっ‥ずるううううぅぅ‥。膣内から肉棒を抜くと、ドロドロと精液があそこの穴からお尻にかけて垂れてきた。
服を着たまま短いスカートで、下着だけ脱がされて、あそこが丸見えで、俺の精液が垂れてきたいるのをみたら、また大きくなってきて、そのまま、3回位中に出した。

それからは、おろすまでの1ヶ月間。ほとんど毎日、俺の部屋で彼女に中出しした。

おろしたあと、一ヶ月後に友達からは、「結婚しました」って連絡が来た。
友達の彼女も「結婚します」って連絡してきた。

おろす直前、彼女と最後のHをした。俺の上にのって騎乗位で俺の胸に手をあてて、腰をすりつけるように動かして、

俺がイクまで、くちゃくちゃ音がでるまでHして、「雅也、雅也、中に出してえ、いやらしい精液はき出してえ。おまんこにかけてえ」っていって自分一人でいっちゃうくらい淫乱女になっていた。

騎乗位で3回もHしてさ。 それが、結婚するなんていってるから、もうびっくりした。

それから、すごいのが、おろして1ヶ月後に結婚して、その1ヵ月後に「彼の子供できちゃった」だって。

なんか、俺とものすごくいやらしいHしてたら、身体がうずいちゃって、彼とも激しく毎日Hしてたらできてしまったそうだ。

すごく喜んでたけど、なんか複雑な気分。
彼女とは、会わない約束してるよ。
だって・・・もう一度出会ったら、まずいからね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。