先輩はそのままオチンチンの裏側をなめ続けて・・

僕は高校の生物部の部員です。

後期の各班の研究テーマを話し合った時、

僕のグループは「細胞の運動」というテーマになり、

2人ずつペアを組んでいろんな細胞の運動の仕方を調べることになりました。

僕は2年の副部長(すごい美人)とペアになって、

鞭毛運動について調べることになりました。

でも、鞭毛運動をする細胞なんて、そんなに種類がないので、

すぐに研究が行き詰まってしまいました。

このままでは冬休み前にする中間発表に間に合わず困っていると、

先輩が「ヒトの鞭毛運動を調べよう」と言い出しました。

僕が「ヒトの細胞に鞭毛運動している細胞なんてあるんですか?」と聞くと、

先輩は、真っ赤な顔をしてしばらく困ったような顔をしていましたが、

やがて小さな声で「精子」とつぶやきました。

僕は「え?」と聞き返すと、

先輩は「精子は鞭毛運動してるんだよ」と恥ずかしそうに言いました。

僕がでも、

まさか、

そんな、

と思いながら、

念のために「でもどうやってサンプルを採取するんですか」

と聞くと、

先輩はますます真っ赤な顔をして、

もじもじしていましたが、

僕が何度も尋ねると、

とうとうあきらめたかのように、

「Sくんの精子、

使うしかないよ」

と言うのです。

僕が「でもどうやってサンプルとるんですか」

って聞くと、

先輩はますます小声になりながら「いつもSくんがしてるみたいに...Sくんだって、

するんでしょ?」

と言いました。

真っ赤になりながら必死で話している先輩を見ているうちに、

だんだん意地悪な気持ちになってきたので、

僕はわざと「え、

なにをですか?どうやってとるんですか?」

と繰り返し聞きました。

先輩は「知らない」

といって少し怒ったような顔をしましたが、

僕が「だってサンプルのとり方がわからないと研究できませんよ。

精子にするって言い出したのは先輩なんだから取り方も教えてくださいよ」

と何度も言い、

とうとう、

美人の先輩のかわいらしい口から「オナニー」

という言葉を言わせました。

美人の先輩が真っ赤になりながら「オナニー」

と言ってくれたことで、

僕は内心やったあと喜びましたが、

それは表情には出さず、

困ったような顔をしながら、

「でも、

僕、

オナニーなんてしたことないからやり方知らないし」

と言ってみました。

僕は背も低くて、

おとなしそうな顔つきだし、

部活でもあんましゃべんないんで、

先輩も信じちゃったみたいです(でも、

ホントはオナニーしてます)。

男はだいたいすると思いますが、

先輩は女だから分かんないみたいでした。

それで、

僕は困った顔つきをしながら、

「研究に必要なら、

精子出しますけど、

オナニーのやり方を先輩教えてください」

って言いました。

先輩は怒ったような顔をして、

横を向いてしまったので、

僕は、

内心やりすぎたかなと心配になり、

一応下手に出てあやまってみました。

「悪いこといったならすいませんでした。

でも僕は先輩が研究に僕の精子がいるからオナニーで出せって言うので、

そうするつもりだけどやり方を知らないので、

教えてもらおうと思っただけなんです。

すいませんでした」

って必死になって謝るふりをしたら、

先輩は「ごめんね。

恥ずかしかっただけだから、

怒ってないよ」

って言ってくれました。

そこで、

僕はあらためてオナニーのやり方を聞いたんですが、

先輩は女だし、

あんまりよくわかんないらしいので、

手をあそこに当てていろいろ動かすんだぐらいしか教えてくれませんでした。

でも、

その話し方で、

もしかしたら、

先輩オナニーしてるかもしれないなって思えるとこがあったので、

やったーって感じでした。

それ以上詳しく説明させようとしても無理そうなのと、

いちおう、

こんな美人の先輩でもオナニーしてるらしいってことがわかったのでやり方を聞くのはそこまでにしました。

早く、

恥ずかしさを振り払おうとしてたのでしょうか、

先輩が、

「じゃあ、

やり方分かったら、

早く精子出してきてよ」

って僕をせき立てました。

僕は、

まごついた顔をしながら、

わかりましたと言った後、

最後にもう一押し、

と思って、

「どこで出せばいいんですか?」

と聞いてみました。

先輩は、

「トイレよ、

トイレ、

そこにあるでしょ、

早く!」

と言って、

部室を出たところにあるトイレの方を指さしました。

先輩は、

「これ、

忘れずにね」

と言って、

ガラスのシャーレを僕によこしました。

先輩が背中をおすように追い立てるので、

一応トイレの個室に入りました。

せっかくだからそのままオナニーしようかな、

とも思ったのですが、

さすがにそれは僕も恥ずかしいし、

第一、

先輩にどういう顔をして僕の精子を見せたらいいのかわからなかったので、

オナニーしないでしばらくそのままでいました。

10分くらいたったところで、

先輩が「まだ?」

と聞いてきました。

僕が「まだです、

いまやってるところです」

と答えると、

先輩は慌てたような声で、

「ごめん、

じゃましかったね」

と言って、

パタパタとスリッパの音を立ててトイレの前から去っていったようでした。

先輩はトイレの外で聞き耳を立ててたのかな、

と思うと、

ちょっと興奮して、

おもわずそれでオナニーしてしまいそうになりました。

それから、

もう10分位したところで、

一度トイレを出て、

部室に戻りました。

部室に戻ると、

先輩が「どうだった?」

と言って駆け寄ってきました。

僕は、

空のシャーレを差し出して、

「だめです。

やっぱりやり方が分かんないんで、

精子が出ません」

と言いました。

「先輩に教えてもらったやり方で、

一生懸命やってみたんですけど、

どうやっても出そうにないんです」

と言って困った顔をしてみました。

先輩も困った顔をしていました。

そこで、

僕が「でも今日材料を集めるくらいまでやらないと、

もう間に合わないんですよねえ」

と付け加えると(わざと言ってみました)先輩は泣きそうな顔になりました。

4時半過ぎて、

そろそろ暗くなってきたので、

もう学校には生徒はあんまり残っていません。

生物部の部員も、

僕と先輩以外はみんな帰っちゃったようでした。

部室のある新館はしんとして、

人の気配がしませんでした。

僕が「先輩、

どうしたらいいですか」

と聞くと、

先輩は泣きそうな顔で下を向いていたのですが、

「しょうがないから、

一緒にやろうか」

と言いました。

僕はその一言を待っていたので、

おもわず躍り上がりそうになりましたが、

ぐっとこらえて、

わざと「え?一緒にって、

どうやるんですか?」

と尋ねました。

先輩はそれには答えず、

黙って立ち上がると、

左手にシャーレを持ち、

右手で僕の手を引いて、

トイレの方へ歩き出しました。

トイレの前まで来ると、

先輩は立ち止まって僕の方を振り返り、

「いい、

これは研究のために必要だからやるんだよ、

他の人には絶対に内緒だからね?分かった?」

と言いました。

僕が黙ってうなずくと、

先輩は僕の手を引いて再び歩き出し、

トイレのドアを開けました。

車イス用の広い個室に入ると、

先輩は引き戸のドアを閉めて、

鍵をかけました。

しばらく、

そのままの姿勢でいましたが、

いきなり僕の方を振り返ると、

「さあやろ」

と言いました。

僕が「どうやってするんですか?」

と聞くと、

先輩は「ホントならSくんが一人でオナニーして精子を出してくれればいいんだけど、

やり方が分からなくて出せないって言うから、

私が手伝うんだよ」

と言った後、

「じゃあ、

ズボン下ろして」

と言いました。

僕が「でも、

そんな先輩の前でズボン下ろすなんて出来ないですよ」

と言うと「私だって恥ずかしいし、

やり方詳しいわけじゃないけどやらなきゃいけないんだからしょうがないよ。

お願い」

と言うので僕はしぶしぶ(ふりです)ズボンをおろしました。

ベルトをはずしてチャックを下ろすと、

ひざの下ぐらいのところまでズボンがおちてしまいました。

そこで僕が手を止めていると、

先輩がしばらく困ったような顔をしていましたが、

小さな声で「パンツもおろしてね」

と言ったので、

ぼくも困ったふりをしながら、

黙ったままのろのろとパンツを下ろしました。

でも、

その時には、

あこがれの先輩と二人っきりでトイレの個室にこもっていることと、

これから僕のオチンチンが先輩に見られるんだと思ったことで、

オチンチンはすでに勃起してたので、

わざとのろのろしなくても、

パンツをおろすのにはずいぶん苦労してしまいました。

パンツを下ろすと、

ワイシャツのすそのところからオチンチンが顔をのぞかせていました。

僕は仮性包茎で、

普段は勃起しても完全には皮がむけなくて、

自分でむかないと全部出ないんですが、

その時は勝手に全部むけてしまい、

すごいいきおいでビンビンになっていました。

先輩は、

ワイシャツのすそからのぞいている僕のオチンチンをしばらく見つめていましたが、

先輩に見られていると思うと、

余計興奮してオチンチンが勝手にびくんびくん上下に動き始めました。

僕も、

こんなのは初めてなので、

自分でも驚いてしまいました。

先輩はいつのまにかフタをしたままの便器の上にすわりこんでいました。

「すごい、

こんなふうになってるんだ」

とつぶやくように言ったまま、

放心状態のように見つめているので、

僕は、

「先輩、

このあとどうするんですか」

と言いました。

先輩は、

我に返ったような感じで、

「あ、

そうね、

じゃ精子出そうか」

と言って、

おそるおそる僕のオチンチンに手を伸ばしました。

先輩の指がオチンチンの先っぽに触れた途端、

すごい衝撃が走りました。

オチンチンも勝手にびくっと動いたみたいだったので、

先輩は「きゃっ」

と叫んで、

いったん手を引いてしまいました。

先輩の指先が僕のオチンチンに触れた途端、

すごい感触がして、

思わずのけぞってしまいましたが、

先輩もびっくりして手を引っ込めて、

後ろに身を引いていました。

僕はオチンチンをびくんびくんさせたまま、

しばらく深呼吸していると、

先輩が「大丈夫?」

と聞いたので、

「大丈夫です、

ちょっとびっくりしただけです」

と答えました。

先輩は「じゃ、

もう一回いくね」

といって、

あらためておずおずと手を伸ばしました。

今度は先輩は先っぽのところじゃなくて、

真ん中へんのところに触ってきたので、

さっきほどの衝撃はなくて普通に耐えることが出来ました。

先輩は僕が大丈夫そうなのを確認すると、

オチンチンのまん中へんを右手で軽くつまむようにしてきました。

「じゃあいくね」

と言って先輩はオチンチンを前後に軽くさすりはじめました。

先輩のさすり方は、

すごく軽くだったので、

自分でオナニーしてるとしたらあんまり気持ち良くなるよう触り方ではないと思いましたが、

あこがれの先輩が触ってくれてるんだと思うと、

それだけでオチンチンはますます硬くなってびくんびくんいってました。

最初のうちはあまりに気持ち良くて、

ぎゅっと目を閉じていたんですが、

そのうちに慣れてきて薄目を開けられるようになると、

先輩がおっかなびっくりの触り方で、

一生懸命さすってくれているのが見えました。

その様子を見ているうちに、

たぶん、

先輩はオチンチンを見るのは初めてなんだろうな、

とか、

ていうことは処女っていうことか、

とか考え出して、

そうするとよけいたまらなくなってきました。

先輩もだんだん慣れてきたのか、

少しずつつまんでいる指に力が入ってきて、

こする幅も大きくなってきました。

だんだんいつものオナニーに近い感じでこすられるようになったので、

僕はどんどん気持ち良くなって体中に力が入って鼻息が「ふんふん」

って出るようになってきました。

それを見て先輩が「どう?気持ちいい?」

と聞くので、

僕はやっとの思いで口を開いて「はい」

とかすれ声で答えました。

すると先輩がさらに力を込めてスピードを上げるので、

僕はいきなり限界が来て「うっ」

と叫ぶと全身をこわばらせたまま射精してしまいました。

いままで感じたことがない気持ち良さだったので、

スゴイ勢いで精液が出ました。

僕は普段はあんまり飛ばないほうなんですが(友達はやりすぎだから量が少ないんだよって言うんですけど、

毎日するのはやりすぎなんですか?)、

その時は、

後で見たら、

便器の向こうの壁にまで飛んでいました。

射精する時に、

いきなりオチンチンが暴れ出したので、

先輩はびっくりしてオチンチンをはなしてしまい、

あとはどうしようもなかったみたいでとにかく、

飛んでくる精液をよけるので精いっぱいだったそうです。

それでもすこし先輩にかかってしまったみたいで、

最後の方のあんま飛ばなかったやつが先輩のスカートにかかっちゃって、

ちょっと怒られました。

結局、

精液はほとんどが壁や床に飛んでしまって、

先輩が持ってたシャーレに取ることは出来ませんでした。

射精が終わった後、

僕は全身の力が抜けて立っているのがやっとでしたので、

はあはあと荒い息をしていました。

先輩は、

右の方に体をよじって飛んでくる精液をよけたままの格好で固まっていましたが、

しばらくして「大丈夫?」

と声をかけてくれました。

僕は息をしながら「大丈夫です」

と答えましたが、

そう答えるのがやっとでした。

先輩は辺りを見回して、

「すごいいきおいで飛ぶんだね。

びっくりしちゃった」

と震えながら言いました。

「僕もびっくりしました」

と答えると、

先輩は「でも、

全然シャーレにとれなかったよ。

ティッシュでふき取って集めても、

使い物にならないよね」

と言いました。

僕は別にティッシュで集めたって大丈夫じゃないかな、

と思いましたが、

ダメだって言ったらもう一回してもらえるかも、

と思い、

残念そうに「そうですね」

とだけ答えました。

先輩はしばらくじっと考えていましたが、

やがて顔を上げて僕の方を見ると、

「Sくん、

もう1回出せる?」

と言いました。

僕は、

内心、

やったあと思いましたが、

ぐっとこらえて、

「いえ、

そんなに何回も出すのは難しいと思いますけど、

頑張ってやってみます」

と言いました。

先輩はほっとした様子で「ごめんね。

大変だと思うけどもう1回だけ頑張って。

こんどはうまくやるから」

と言って、

再び僕のオチンチンに手を伸ばしました。

「何回も出すのは難しい」

とか言いながらも、

僕のオチンチンは正直なもので、

その間ずっと勃起したままでしたが、

先輩はその矛盾には気づかないみたいでした。

先輩は今度こそ、

と言う感じで熱心に僕のオチンチンをしごき始めました。

僕は夢のような気持ち良さにうっとりとして、

油断するとすぐにいってしまいそうになるのをなんとか我慢するのに精いっぱいでした。

すぐに終わってしまってはもったいないので、

できるだけ長く持たせようと頑張ってみました。

さっきよりも長持ちして、

まだ射精しそうな様子がなかったからだと思いますが、

先輩が「出そう?」

と聞いたので、

僕は「ちょっと出そうにないです」

と答えました。

先輩は手を止めて、

「どうしよう」

と考え込んでしまいましたが、

先輩が手を止めてくれたので、

もういく寸前だった僕はちょっと助かりました。

先輩はそのまま途方に暮れてしまったようでしたので、

僕は思いきって「先輩、

口でしてくれませんか」

と言ってみました。

先輩は「え?」

と言って僕の方を見上げたまま、

困ったような顔をしていました。

僕は「手よりも口でしてもらったほうが、

刺激が強いらしいから、

出る可能性があると思うんです。

それに、

先輩の口の中に出せば、

さっきみたいにまわりに飛び散って取り損なうこともないし」

と押してみました。

あとで考えると、

多分、

先輩も同じことを考えてたと思いますし、

先輩みたいな美人でまじめな人でも、

こういうエッチなことに興味はあって、

一度やってみたいことだったんだろうとも思います。

困ったような顔をしていましたが、

「それが一番いい方法なのかな」

と言うので「他に方法はないと思います」

と言うと、

オチンチンのまん中へんをつまんでいた右手を根本の方へ移動させてゆっくり顔を近づけてきました。

先輩はゆっくりと顔を近づけてきましたが、

すぐ近くまで来て、

やっぱりためらっているのか、

顔の真正面にある僕のオチンチンをまじまじと見つめたまま、

止まってしまいました。

たしかに、

さっき射精した残りの精液が先っぽから少し垂れ下がったまま、

真っ赤に膨れ上がってびくんびくんしているオチンチンは、

たぶん処女の先輩には刺激が強すぎたと思います。

けれども先輩の鼻息がオチンチンの先っぽにあたってくすぐったくなった僕が少し身をよじるようにすると、

先輩は、

それがもう出ちゃうという合図だと勘違いしたみたいで、

あわてて口に含みました。

精液が苦かったみたいで、

先輩はちょっと顔をしかめたみたいでしたが、

オチンチンの先っぽの方をくわえて、

じっとしていました。

そのうち、

まだ僕が射精しないということが分かったみたいで、

ゆっくりと顔を前後に動かし始めました。

先輩の口の中は、

唾液がたっぷりたまっていてすごくぬるぬるしている上に、

あたたかくて、

おまけになんか柔らかいものが動いているみたいな感じで、

まるで女の人のアソコに入れたみたいな感じがしました(僕はまだ童貞なんですが、

女の人のアソコの中に入れた感じってこんな感じですか?)。

先輩は最初ゆっくりと小さく動いていただけでしたが、

僕が「はあはあ」

言いながら気持ちよさそうにしていると、

だんだん大きく顔を動かしてきて、

オチンチンの先っぽだけじゃなくて、

途中の方まで口に含んでくれるようになりました。

僕はすごく気持ち良くて、

だんだん立っていられなくなり途中から先輩の肩に手を置いて、

両手で体を支えていました。

僕が先輩の肩に手を置いたら、

先輩は動きにくくなったみたいで、

顔の動きが小さくなりました。

僕はどうしようかな、

やっぱ手を置かないほうがいいのかなと思っていたら、

先輩が顔を動かさないかわりに、

口の中で舌べらを動かして僕のオチンチンをなめてくれました。

いきなりだったので、

僕は思わず腰を引いてしまいましたが、

先輩はそのままオチンチンの裏側をなめ続けました。

あまりに気持ち良かったので、

もう我慢できなくなり、

僕は「先輩、

出ます」

と言って、

先輩の口の中に射精してしまいました。

先輩は「ぐっ」

と言って、

僕が射精しているあいだ、

体を硬くしていました。

さっきすごくたくさん出したにもかかわらず、

今度もたっぷり出たと思います。

その時のことはあんまりよく覚えていないのですが、

先輩の口の中で、

オチンチンがびくんびくんいってたことはよく覚えています。

ほんとに気持ち良くって、

いままでのオナニーでは感じたことがない気持ち良さでした。

僕のオチンチンが静かになって、

精液が出なくなってからも、

先輩はしばらく華で息をしたまま固まっていましたが、

ようやく僕のオチンチンから、

顔を離すと、

左手に持っていたシャーレに精液を吐き出しました。

先輩の唾液とまじっていたからかもしれませんが、

すごくたくさんで、

シャーレの底を全部おおっているこらいでした。

先輩は、

シャーレを見つめたまましばらく深呼吸していましたが、

呼吸を調えたところで、

僕の方を見て、

「うまくいってよかったね。

ありがとう。

よく頑張ってくれたね。」

と言ってくれました。

僕が「いえ、

先輩こそ大丈夫ですか?」

と尋ねると、

先輩はにっこり微笑んで「ありがとう、

大丈夫よ。

Sくんて優しいのね」

と言ってくれました。

その後、

二人で、

トイレの中に飛び散った精液を拭いて回りましたが、

拭きながら、

先輩はトイレットペーパーについた精液を時々、

じっと見ていました。

部室に戻ってから、

先輩はシャーレが乾燥しないように少し水を足してから、

一部をスポイトでプレパラートに取ってから、

顕微鏡で観察しました。

先輩が、

「ほら、

これSくんの精子だよ。

すごい、

活発に動いてるね」

と言うので、

僕ものぞいてみました。

自分の精子を見るのは初めてでしたが、

それよりも、

あこがれの先輩にオチンチンだけじゃなくて、

精子まで見られてしまったことに、

いまさらながら恥ずかしさを感じて、

赤くなってしまいました。

先輩は赤くなった僕を見て、

「Sくんてかわいいね」

と言ってくれました。

僕の話は以上です。

読んでくれた皆さん、

ありがとうございました。

作り話だとか、

いろいろ言われちゃいましたけど、

僕には他に書きようがないので、

すみませんでした。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。