あねさん気持ちよかったですか?

年上の彼女と何回目かのデートのときのことです。(アレはすでに済ませています)
おれのちらかってるアパートに来たあねさん、「ふ~ん」って感じで見回してる。
「ソファーにでも座って」といいつつ一応ビールなどを用意するおれ。
ふと見るとあねさんベッドの下や枕の下をチェックしてる。にやにやしながら「加藤君がエッチな本とか隠してないかと思ってね~」あんたは昭和のお母さんか!!
「あの、今はそういうのはDVDか動画なんですけど?」
「(笑)」
ビールを飲みつつ色んな話しを。
話しが一段落したとこで夜も更けたので「じゃあ先にお風呂入りますね」とシャワー。
上がってあねさんに「お次どうぞ」
で、部屋着を着てだらだらとテレビを見てるとあねさんタオルを巻いたまま出てくる。
「あれ? 加藤君、服着ちゃったの?」
「え、寝るんじゃないんですか?」
「ふ~ん、こんな魅力的な女を前にして(笑)」

「だってあねさん、今朝付き合ってる人としかエッチしないっていってませんでした?」
「もう付き合ってるからいいの」
「へ~こんな早くでいいんですか~」
「うるさ~い」とおれに抱きつきながらディープキス。
お互いの身体をまさぐりながら何分してただろ?
「寒いよ、おふとんいこ?」
とあねさん。当然タオルは剥ぎ取られた上におれにのしかかった体勢だから寒いよね。

ベッドに入り何回かキス。
一応「ホントにいいんですか?」
「うん。でも加藤君はいいの?私年上だし、ウザい女だよ?もっと若くて可愛いい娘の方がいいんじゃない?」
「あねさんだってすごく可愛いですよ」と覆いかぶさりディープキス。あねさんもすぐに積極的に舌を使ってくる。

キスしながらあねさんの身体をまさぐり始める。
舌の動きが鈍くなって息が荒くなってくる。
唇を離し乳首に。すでに5分くらい指で乳首に触れるか触れないかで愛撫を続けていたのでペロッと舐めた瞬間「あぅっ!」と言う声と共に身体がビクンっと跳ねる。
そしてじっくりと乳首攻め。触れるか触れないかの舐めに時々強い舐めを混ぜる。
あねさんの身体はまるで楽器のようにいい反応。
ちょっとうれしくなったw

「あねさん、おっぱい気持ちいいですか?」
「ああ…、そんなこと聞かないで。すごく気持ちいいよ~加藤君慣れてるでしょ?」
「そんなことないですよ。あねさんおっぱい大きいですよね~何カップあるんですか?」
「DかE。でも若い娘みたいに張りがないでしょ?ごめんね」と自分がアラサーなのを気にしている様子。
「あねさんみたいに美人でスタイルいい人滅多にいませんよ。肌触りも気持ちいいです」
「ありがと。恥ずかしいからしてる時にあまりいろいろ聞かないで」
この一言で慣れてきたらたくさん言葉責めしてやろうと思ったのは言うまでもないw

「あねさん、脚もきれいですよね~」といいながら脚をまさぐる。そして足の指をぱくっ。
「あ、汚いよ。やめて、あ、あっ」
指の間も感じるみたい。
「あねさんで汚いところはないですよ」とベタな台詞を吐きながら段々と脚をさかのぼり始める。

太ももまでさかのぼるとあねさんの息がまた荒くなってる。
ついにアソコを舐める、と見せかけて反対の太ももに。というのを何回か続けてみる。
反対側に移る時にわざとクリ近くに鼻が触れるようにするとその度に「んうっ!!」と身体をビクンっとさせるあねさん。

段々アソコにアソコにって感じでアソコを通る時に鼻が触れる回数を多くしたり「はふ~」と息を吹き掛けたり。
その度あねさんの身体ピクピクしていたが今では持続的にフルフルって感じで動いてる。で、もうすごく濡れてる。

最初は「あぁ、焦らさないで」とか「もっと気持ち良くして」とか
耐えられずに挿入を求めてたけど、すでに「はぅ~っ!ああっああっ!」って喘いでるだけになってる。
そこで一気にクリにしゃぶりつく様な激しいクンニ。
「んんっ?!ダメっ!ダメっ!逝っちゃう!逝っちゃう!ダメ逝く~っ」と。泥酔しててもしてなくても逝く時は「ダメ!逝く!」なんだな、と妙なことで感心w

指入れはあんまり好きじゃないおれはそこで一休み。
「あねさん、逝っちゃいましたね」
「加藤君上手すぎるよ~あんなに焦らされたことないよ」
「これからはこういうエッチです。焦らされるのは嫌いですか?」
「嫌いじゃないけど、早く欲しくなっちゃうよ」
「何をですか?」
「馬鹿。これ」とおれのモノを摩るあねさん。
「今度は私が気持ち良くしてあげるね」とモノを握りながらキス。

段々と舐め下がるあねさん。おれの乳首をペロペロ。
「うぅっ」っとちょい大袈裟な反応をするおれ。
乳首攻めされるのが好きなおれはいつもこんな反応することにしている。
案の定(いいとこ見つけちゃった~ニヤリ)って感じのあねさんは執拗に乳首舐めを。
おれも(してやったりw)と心の中でニヤリ。

そしてあねさんの唇はおれのモノに。
やっぱりすごく上手じゃないけど丁寧なフェラ。
今日はあねさんの好きな様に舐めさせておいた。
「加藤君の大きいね~こんなの初めてだよ」
「昨日も同じこと言ってましたよw」
「えっそうなの?二回も一番大きいもの味わえる私は幸せ者だね~」
と天然ボケた台詞。
あねさん仕事ではすごくしっかりなのに、プライベートでは結構天然wそこがまたいい。

「今日はどうします?昨日みたいにあねさんが乗っかってきます?w」
「加藤君の好きな様にしていいよ」
「じゃあ荒縄で縛ってから蝋燭を使って…」
「えっそんな趣味なの??」
「うそうそwじゃあ正常位で」とあねさんを仰向けに。
「あ、今日はゴムは付けますよね?」
「お願いします」
ゴム装着してゆっくりあねさんの中に。

「んんんん~っ!」とちょっと苦しそうにのけ反るあねさん。
「ああっ大きいよ~っ」っと首を振る。
「まだ全部入ってませんよ」とゆっくりピストンしながらあねさんの中を広げて奥へ奥へ。
「全部入りましたよ」
「えっそうなの?なんかうれしい」とキスを求めてくるあねさん。
そしてゆっくり出し入れ再開。おれの下で顔を歪めながら感じてるあねさん。そういう顔も美人顔。
こんな綺麗な人とエッチしていいのかな?なんて思うとすごく興奮してくる。

一回入ってしまえば大丈夫らしくおれのピストンに段々とヒートアップしてくるあねさん。
「ああっ加藤君すごいよすごいよ!」
「どこがすごいんですか?」
「真紀(仮名)の奥までくるの~っ」あねさんがこういう言い方したの初めてでちょいびっくり
「おれのチンポが真紀の奥まできてるのか?」
「そうっ!そうっ!真紀こんなの初めて~気持ちいいよ~っ!」
なんか感じすぎて年上年下の関係忘れちゃったみたい。

もちろんおれも興奮して我慢できなくなってきた。
「真紀があんまり可愛いからもう我慢できなくなってきたよ」
「ああ、もうすぐ逝きそうなの」
「でも真紀の中気持ち良すぎてすぐ出ちゃいそうだよ」
「うれしい。真紀ももう逝くから出していいよっ!加藤君きてっ!」
と手と脚でがっちりおれにしがみついてくる。後から思えばカニ固めってやつですかねw
「加藤君、真紀もうダメっ!ダメダメ!逝っく~っ!!」
ほとんど同時にこちらもゴム中出しで発射。
昨日二回やったのにこんなに出るの?ってくらい放出。

あねさんもおれもぐったり。
しばらくして「あねさん気持ちよかったですか?」と聞くと
「ふぁい、よかったれす」(ホントにこんな感じ)
言ってる間にはっとしたらしく
「すごく気持ちよかったよ。加藤君は?」と言い直しw
「最高でしたよ。今までで一番満足したかも」
「よかった。私もかも」
「あねさんがあまりに気持ちいいから早く出ちゃいましたよ。回復したらまたしていいですか?」
「え?いいよ、もう加藤君の女だから」
「でもさっきエッチしないで寝ようとしたから加藤君って流行りの草食男子かと思っちゃったw」

それから二回、朝一回エッチして
「毎晩こうだったら私身体持たないかも」と肉食であることを証明しました

今日はこれから二人の食器やら歯ブラシやらお買い物デートです。
お互い突っ走りすぎかもw


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。