人気の少ない温泉施設の混浴露天風呂でエッチ

彼女は中2、俺は高1。

夜の公園。

ベンチに俺が座って、その上に彼女が向かい合って座る。

”こうすれば…イチャついてるようにしか見えないよね?”

というよく公園でやるやつだ。

周りに人がいない事を確かめ、

彼女の制服のスカートに手を入れ、

彼女の手が俺の下腹部に迫る。

彼女は公衆トイレでブラもショーツも外してきている。

結合部はスカートで隠れイチャついてるようにしか見えない。

抱きしめ合いつつ、周囲の監視を分担する。

「そっち見てる?」全然見てません。

彼女は俺が動くと監視どころじゃない。

俺の耳元で必死に喘ぎ声をガマンしている。

「ンっ!・・・ぁはんっ」

・・・キスして口をふさぐ。

「ンー!ンー!」

っと彼女は耐えるが、

速度を上げると彼女は口を離し耳元でアンアン言い出す。

いつ人が来てもおかしくないため

場所を変えようとするが彼女は首を横に振る。

俺はスカートをめくり上げ、

彼女の行為が丸見えになるようにした。

彼女を責めながら

「お尻出して喘いでるの見られちゃうよ?」

というと顔をイヤイヤしながらも感じている。

彼女がもう快感に溺れ始めてるのを察し、

騎上位から背面騎上位に変位させる。

そしてベンチの上で、

彼女の足を左腕で包み空に向ける。

「イヤっ!見られちゃうダメぇ!やん!」

と彼女は懇願するが、

突き上げながら右手でクリを責めてみる。

クリに触れたその時

「アハァンッ!」

という、

ため息のような叫び声とともに彼女は脱力してイッてしまったようだ。

脚をだらしなく開いたままの彼女を、

後ろから強く抱きしめてあげる。

彼女は我に返ったのか脚を閉じる。

そのまま、彼女は顔だけ後ろを向きキス。

クチュクチュっとアソコにはまだ入ったままだ。

俺を通じてベンチに液体が溢れる。

俺はまだだったから近くの公衆トイレに移動し彼女の衣服を靴だけにする。

声が外に漏れないか互いにドキドキしながら騎上位で責める。

彼女はまだ145cmくらいと身体が小さく軽いから、

俺の上で回転させられるように身体は弄ばれる。

ただ、ゴムがだめだった。

入れたまま激しく体位変位してたら破れたのか取れたのか、

いつも思いっきり中出しする。

だけど彼女は中出しすると、

うっとりと嬉しそうにして、

いつもこう聞いてくる。

「アイシテル?」

わざと違う答えを言う。

「一生守りたくてキュンってなる」

って言うと、

まだ入れたままのアソコが溢れてくる。

ある時は、バスの中でフェラチオ。

人気の少ない温泉施設の混浴露天風呂でH。

いつ人が来てもおかしくないとこ。

中2なのに彼女はそういうのが好きだ。

一度だけ浮気してHしたらしいが、

泣きながら戻ってきた。

頭をナデナデしてあげて。

「俺はどこにも行かないよ」

って言ってあげた。

彼女は幼いからアソコも身体も、

俺にフィットするように成長しちゃったんだな。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。