僕と彼女がプチ露出を楽しみだしたキッカケ・・エッチな体験談

自分、31歳。
彼女、28歳。

自分の彼女は華奢だが、比較的胸が大きい。
本人もその事を自覚しており、胸元が大きく開いていたり、体にピッタリ系の故意に胸を強調する服装が多い。
二人の趣味は露出。
露出と言っても外で全裸になるとかではなく、人前で自然と見えてしまったという設定のプチ露出である。
下半身には何故か興味がなく、根っからの胸フェチで胸チラや透けチチを二人で楽しんでいる。



最初のキッカケは6年前、二人で旅行した際のホテルのバイキングでのこと。
ノーブラに浴衣でお料理を取る彼女の胸元が少し開いてしまい、角度により胸が少し見えていました。
その光景に驚き急いで胸元を直すよう注意しました。
しかし、お料理に集中するとまた緩くなり、お料理を取る度に胸が見えてきてしまい、その都度直すよう促しましたが、この光景に変な複雑な思いが生じました。

それから数ヶ月後、沖縄へ旅行した時に、夜ホテル内にあるコンビニへジュースを買いに行く事になりました。
部屋に居たため彼女はノーブラにタンクトップという姿だった。
ブラジャーを着けるところを、「すぐだから」とそのまま格好で行くことに。
しかし、落ち着いて見てみると黄色いタンクトップにはチクビが透けており、歩くと胸が揺れて明らかにブラジャーを着けてないことが一目瞭然。
そんな彼女は気にすることなくルンルンで歩いて行きます。
公衆の場において、そのようないでたちの彼女に興奮を覚えました。

約2名が彼女の胸に気付き凝視していましたが、彼女は全く気にしていません。
部屋へ戻り、その事を伝えるとなんと彼女は視線を気付いていたとのこと。

驚きました・・・。
胸を見られることに彼女は興奮していたのです。

その夜のセックスは今までに無い快感でした。
翌朝の朝食バイキング、二人はまだHモードが続いています。
温泉ホテルなのでバイキングは浴衣が多く、あえてブラを着けず行くことに。

案の定、料理を取ってるうちに胸元が緩んできて料理と取る瞬間は先端付近までほぼ見える状態になります。
他の女性客もやはり緩んでいますが、下にはTシャツを着ていたりして服装に配慮しています。
テーブルに座って料理を取る彼女を見ていると、対面の若い男性が彼女の胸元に気付きました。
彼女と平行に移動しながら凝視しています。
あの角度だときっと乳首までほぼ見えていることでしょう。

自分の彼女の胸を他の男に見られています。
普通なら怒りが込み上げてくるはずですが、怒りより興奮している自分がいることを強く認識しました。

沖縄観光の服装はキャミソール。
さすがにノーブラは透け過ぎてヤバいので、キャミソールに乳首が隠れる程度の小さいパットを装着。
これで乳首は透けませんが、ノーブラには変わりはなく、胸の形が丸わかりで些細な振動でも胸は小刻みに揺れます。
あえて一緒に歩かず、少し離れた位置で彼女の揺れる胸を楽しみます。
やはり気付く男性も多く、驚いた様子で彼女を見ています。

男としては堪らない光景でしょう。

細身で胸の大きな女性が、ノーブラでキャミソールという格好で、胸を揺らしながら観光地を普通に歩いているのですから。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。