泊まりに来た従姉が寝てる隙にエグいイタズラをしたエロ話ww

昔、小六の頃二つ上の従姉が遊びに来て、その日泊まっていったわけ。
彼女はセミロングの黒髪が綺麗な美少女で自分達にやさしく、
あこがれてたから、邪心なしに素直に嬉しかったな。
まだ子供だったし、妹、弟と従姉と4人で一部屋で寝る事になって、
ふとんを並べてしばらくおしゃべりしたあと、みんなすやすやとオヤスミ~。
早朝、はっと目が覚め時計を見たら5時頃。まだ3時間くらい眠れるし、
もっかい寝よ…と思った時、ふと従姉の寝顔が目に。



その寝顔を見た瞬間、どきりとして「さわってみたいな…」という衝動が。
小六といえばまだ性に対する知識なんて貧弱なものだけど、
テレビやマンガのエッチなシーンでドキドキする年頃で、
ちょうどスイッチが入っちゃったぽい。
彼女は上がTシャツ、下はミニスカートで寝てたのだけど、まず上から。
そぉ~っと胸に手を伸ばしてシャツの上から触ってみる。
…が彼女もまだ中学2年ではそんなには発育していないのか、
なんだかぺったんこ、とまでは行かなくても想像してたよりボリュームがない。
寝てるので胸が潰れてるってのもあるんだろうけどね。
それでも、なだらかながらもやわらかい彼女の胸をふにふにと揉んでみた。

ふにふに。ふにふに。

う~ん。…胸が薄いので揉むというよりマッサージしてる感じ。
でも女の子の胸はなんともいえないやわらかさで心地よい。
しばらくふにふにしてたら、シャツの上からでも判るくらいに乳首が勃起して
来たので、人差し指の先で乳首を押しつぶしたりくりくりしたり。

そして、ゆ~っくりとシャツをたくし上げてみる。
ここでも想像とちょっと違って、
彼女の乳首と乳輪は硬くはなっているものの意外と小かった。
ちょうどチョコベビーくらい(記憶では)。
まぁ、マンガなんかだとデフォルメされてるからね。大きめに想像してたのかも。
ちょっとの間、彼女の胸とじ~っと観察する。
あどけない寝顔と露出された胸のコントラストにくらくらした後、
くちびるを乳首に近づける。
下くちびるで乳首をちょんとつつく(根性無しなもので)。
続けてちょんちょんと2、3回つついてから、乳首の先にキスして、
舌先でチロっと乳首を舐めて口に含んだ。

なんだかほのかに甘く、いい香りがした(ような気がした)。
チュッ、チュッと軽く吸い、舌でコロコロ転がしながらもう片方の胸を手で弄ぶ。
上目で彼女の表情を伺うと、起きる様子もみえない。
彼女は寝つきはいいのだけど寝起きがすごくわるく、
時々学校に遅刻しておばさんに怒られてたようで、
「お母さんに怒られたよ~」って凹んでたので、
5時過ぎじゃちょっとやそっとのことでは起きないらしい。
でも、ここまでやってたらさすがに油断できないけど。

夢中になって彼女の胸にしゃぶりついていたんだけど、
そうなってくると次に気になるのが女の子の一番ヒミツの部分。
当時お○んこという言葉も知らなかったので女の子にはお尻が二つある!
とか思っとりましたw。
セックスの知識を覚えたのが中2の時。
しかし恐るべしオスの本能、なんでか知らないけど、
女の子の股間に隠された秘めやかな部分が一番興奮すると分ってたみたい。

でもさすがにパンツの中を探るのは難しいのでは…。
と思って、しばらく考え込んでいたのだけれど、
とりあえずスカートをめくってみる。
彼女はグリーンのリボンがついたシンプルな白いコットンのパンツを着けてた。
うーん、と考えながら股間の膨らみをつんつんと指でつついたり、
わずかに浮き出たスジにそってなぞってみたりしてるうちに、
(よーし、やってやるぜ!)パンツの中を触ってみようと決心。
どういう決心だか。
…したものの、さてじゃあ、おなかの方から手を入れようか、
それとも太ももの方から手を入れたものか…と、どーでもよい事でまた悩む。

結局スペースが広くてゴムも伸びやすいおなか方面からに決め、
パンツについてる飾りのリボンを摘み、パンツを持ち上げ空間を作る。
うっかり手が滑ってゴムパッチンすると流石に起きるハズなので緊張。

中を覗くと股間の上あたりに薄く生えそろったヘアが見えた。
(おとなの女の人と同じだ…)と考えつつ手をゆっくりと差し入れ、
ふわっとヘアをさわさわっとなでてみる。
なんかしゃりしゃりして気持ちイイ。

たぶん好きなお姉ちゃんのヘアだからそう思っただけかもしれないけど。
でも、当時、特にヘアには興味がなかったのでさらに手を進める。
股間のカーブにあわせて指先を曲げ、とうとうその部分に到着し、
そっと中指の先で彼女の割れ目に触れてみる。すると…

「ぬめっ」というか「ぺとっ」とした感触。
なんだか蜂蜜かヤマト糊にでも触れたような…?

コレなんだろ、と思いながら割れ目をなぞる指先にちょっと力を入れてみると、
いきなり、ぬるっと中指が第二関節まで飲み込まれてしまい、ビックリ。
そんなに力を入れたワケじゃないのに、まるで飲み込まれるみたい。

うわ、と小さく声を上げかけ彼女の顔を見る。
身体の中に指を入れられたら痛いんじゃないかと思ったけど、
変わらず静かな寝息を立てて眠ってた。
ちょっとホッとして、彼女の中に入った指に意識を向けると、
あたたかいというより熱く、ぬるぬるした感触が心地よくしばらくボーッとしてしまう。
大事なトコロの奥まで差し込まれてるのに、
穏やかな寝顔の彼女の姿がなんとなく倒錯的で、またかえって興奮しちゃったり。

気持ちが落ち着くと、今度は中はどこまで続いてるのかが気になってきて、
中指をさらに彼女の奥に進めてみる。
今なら兎も角、小学生の小さい指では指を根元までめいっぱい入れて、
中を探ってみたけど奥は届かなかった。

次に気になるのが(指が何本入るのかな?)ということ。
我ながら探究心旺盛というか小学生らしいエロ心爆発というか…。
まず、中指に人差し指を添えてゆっくり挿入。
つるんという感じであっさり飲み込まれる。ふむむ…。

次はさらに薬指をそえて三本の指をこれまたゆっくり挿入。
指の関節のところでほんの少々の引っ掛かりを感じたものの、
それを過ぎるとこれまたにゅるっとあっさり飲み込まれちゃった…。
なんだか自分で奥へと迎えいれようとしてる感じ。
へぇ~、女の子のアソコって結構入るんだなぁ、と感心。
流石に四本はなんとなく怖くて試さなかったけど。

さらに次。
これはハッキリ言って、自分でもなんて危ない橋を渡ったんだ!
といまから考えても震えるくらいなんだけど、子供の考える事はルール無しだな…、
という感慨を引き起こさざるを得ないよ。

ナニをやったかというと、
当時給食のパンにつけるための小さいチューブの蜂蜜があって、
キャップが丸い球形でここを千切って蜂蜜を出すというもの。
直径は5ミリくらいで長さは8センチくらいだったと思う。
これを台所からもって来て、パンツのクロッチ(股間部)をぴらっとめくって、

彼女の膣内に挿入して蜂蜜を注入してしまいました

いやぁ、女の子の蜜なんて形容があるのを後で知ったけど、
それを意識せず地でやってしまうなんて…。
しかも異物挿入。

それはいいんだけど(よくないけど)、
そこでチューブを摘む指が滑って放してしちゃった…。
そのとたん彼女の奥にたちまち吸い込まれていく蜂蜜チューブ。
さすがに青くなって、親指と人差し指で中を探ってみると膣口で止まってた。

彼女に異物感を感じさせないように、ゆっくり取り出し、ほっと一息。
これでも起きない彼女に感謝します。
ホントに。普通ばれてるよね…

そして文字通り彼女の蜜をムリな体勢で股間に顔を突っ込んで
アソコの中に舌を入れて舐めたり中指だけを奥まで挿入して彼女の中の感触に興奮しつつ、
(女の子のカラダってスゴイなぁ…)と感動。
10分位その行為を続けて、ふと彼女の顔を見ると、
さっきまでは静かに寝息を立てているだけだったのが、
目こそ閉じられているものの、いまは口をポカ~ンとだらしなく半開きにして
口の端から涎が流れ出てるのが見えた。
しかも小さく「はぁ…、ん…ぁぁ…」と切なげなタメイキが!

これがナニを意味するのかはわからないけど、兎に角彼女はキモチイイんだ!
というのは分かったので余計に興奮。

さらに中指の腹で膣壁の上をごしごししつつ、
乳首を舌で転がすと彼女の指先がふるふると震えるのが見えて、
なおも続けると「ぁー…」と小さく気の抜けた声が聞こえ、
彼女の中に挿入した指にちょっとあたたかい感触が。

はっとしてパンツをみると股間に丸くしみが広がってて、
(困ったな…)と思ったものの、
どうしようもないのでもう一度彼女の乳首にキスして、
服を元に戻し、二度寝。
だいたい一時間くらい経ってた。

セックスの知識は無かったので彼女に挿れたいとかは考え付かず、
結局その時はそれでおしまい。
夏だったので彼女が起きる頃にはパンツも乾いてたようでほっ…。

朝、彼女は気付いてないかな~、とちょっと不安に思ったけど、
特に普段と変わらず、ご機嫌で「今度モノレールに乗って向ヶ丘遊園にいこうよ!
(当時健在)」と話かけられたくらいで一安心…かな。

その後は彼女も年頃、自分も中学に上がる、という訳でそんな機会もなく、
普通に遊んでたね。今では結婚して二児の母。お幸せに~。

まぁ、いくら小学生の頃とはいえマズイ行為なんだけど、
正直後ろめたさより、快感に震える彼女の美しさの印象の方が勝ってるかな。
やさしいお姉ちゃんに悪いことしちゃったかな…とも思ったけど。
でも綺麗だったなぁ、とも思ったり。
…でもさ、彼女、このとき中二で、当時は当然気付かなかったけど、
処女じゃなかったよね。これは。
後年気付いてちょっと鬱はいったよ。
も一つ気になるのが、あの時イッたのかどうか。
まさか本人も寝てる間に愛撫を受けてたとは思いもよらないだろうし、
寝ててもイクもんなのかな…?

P.S.あとクリトリスを責めなかったのは知らなかったからです。



読んでくれたあなた!本当にありがとう♪
ポチっとしてくれたら明日からも頑張れます(^^)/


官能小説ランキング


アダルトブログランキング


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。