「あっ・・あっ・・」彼女のヴァギナの中で何度も何度も射精しそのたびに最高に気持ちよくなるw

以前財布にそれなりの余裕があったときのこと。

やりてぇな~と思い、

手っ取り早くホテトルを呼ぶことにした。

電話をかけると、

日本人以外に外国人もいるとのことで、

タイ人の子を頼んだ。

ホテルの部屋で待っていると、

早速タイ人の女の子が来た。

笑顔がかわいく、

肌は少し褐色で第一印象はなかなかいい。

日本語もうまい。

部屋に入るなり抱きついてキスをしてきた。

かなり積極的で期待が持てる。

まずは二人とも服を脱いで風呂に入った。
俺のペニスを洗った後、丁寧にフェラをしてくれる。

その後湯船に入り、二人でイチャイチャする。

抱きついてきて激しくディープキスをしてくれる。

俺も負けずに胸やアソコを刺激した。

風呂を出た後、体を拭き、ベッドに移動。

早速第一ラウンド開始。

再びフェラをしてもらい、ペニスを限界まで硬くしてもらう。

次にこっちが攻める。

思いっきり足を開かせて、アソコをチェック。

陰毛は薄く、中はきれいなピンク色で、クリを中心にクンニをする。

さらに乳首をつまむと彼女の体はびくっと反応した。

胸が一番感じるようだ。

そしてキスをしながら抱きしめる。

彼女の手にペニスを握らせ、しごいてもらう。

そこで本番に移行する。

「入れようぜ」

といい、俺は仰向けになる。

ゴムをつけてもらうためだ。

ところが、

「ハイ、いいよ・・・」

と彼女は恥ずかしそうにしながらも笑顔でM字開脚のスタイルになった。

「えっ、コンドームつけないの?」

彼女は首を横に振った。

「生で入れていいの?」

うん、とうなずいた。

まさか日本語をきちんとわかってないのか?自分でゴムをつけろって?

「このまま入れちゃっていいの?」

「うん。」

「中出ししていいの?」

中出しという言葉がよくわからないらしく、首を傾けた。

「精子ってわかる?」

彼女はうなずいた。

「アソコの中で精子を出していいの?」

「うん。」

やったぜ、と思い早速亀頭をヴァギナの入り口に押し込む。

根元まで思いっきり挿入した。

特によく締まるわけでもなく具合は普通といった感じだが、

さすがに生挿入は気持ちがいい。

やはり暖かさが違う。

ディープキスをしながらそのままピストンをする。

「アッ、アッ、アッ・・」

日本人とはまた少し違うよがり方をしたので興奮する。

「バックしよう。」

次に後ろから激しく突いてやる。

さらに部屋の壁に手をつかせ、立ちながら後ろからやった。

「気持ちいい?」

「うん」

「騎上位できる?」

仰向けになり、彼女を上に乗せた。

すると彼女はかなり激しく腰を振った。

「アオッ、アッ、オッ・・・」

まるで男を気持ちよくするより、

自分がとにかくイキたい、

といった感じだった。

最後に再び正上位に移行し、

フィニッシュが近づく。

「もうすぐイキそうだよ。ほんとに中に出すよ?」

激しく感じながらも彼女は縦に首を振った。

お互い抱きしめながら激しくキスをする。

「あああっ!」

ペニスの中を何かが伝っていく感触とともに

ものすごい快感が体を襲う。

「あっ・・あっ・・」

彼女のヴァギナの中で何度も何度も射精し、

そのたびに最高に気持ちよくなる。

きっちりと中出しをした後、

ペニスを引き抜くと、

ドロッと精液が彼女のヴァギナから垂れ出た。

すぐに風呂へ行き、精液を洗い流した後、

ペニスも洗ってもらい、

再びベッドへ戻った。

外人に中出ししたのはこれが初めてで、

普段と比べかなり興奮した。

特にタイ人の女の子とヤルのは、

いかにも南国の少女といたすという感じでとてもよかった。

もちろんこの後も時間ぎりぎりまで何度も中出しをした。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。