ソープで童貞卒業したセックス体験談

今日行ってきました、やっとこさ童貞卒業。
なんか体が気怠いです。

今、電車の中。
しかし充実感があるっていうか・・・いい感じにマターリ中。
いつも童貞卒業しようと思ってはいたのですが、一歩踏み出せず。
そこで先週の土曜日でオナニーをやめて禁欲生活に突入。
水曜までは何とか我慢出来たのですが、昨日トイレ掃除のおばちゃんにまで欲情してしまい“これはマズイ”と、急遽、今日の朝に出陣決定。



会社に「体調が悪い」と連絡を入れた後、風呂に入って体を清めました。

一瞬、やっぱやめようかな?と怯みましたが、『ボーナスが出ると客が増える』と、あるスレで見たので“イクなら今しかない!”と電車に飛び乗りました。

川崎までうちから一時間半。
ガタガタと電車に揺られ、到着したのは10時半くらい。
そこから歩いて堀ノ内に到着。
事前の下調べはまるで無し。
何とかなるさと、金だけを持ってとある店に飛び込みました。

カウンター越しにボーイさんが「いらっしゃいませ」と登場。
色々説明されてちょっぴりゴージャスな待合室で待機。
ボーイさんが「もう少しで(姫が)来ますので」と待たされました。

たぶん15分くらいですかね?
待たされて、ボーイさんが写真を持ってきて「こちらは今すぐ入れますが」と。
写真の感じだと可もなく不可もなく・・・こんなもんか?と。

「いいですよ」

しばらくして姫が「お待たせしました」と登場。

何と言うか、茶髪で、もしかして元ヤン?みたいな雰囲気ですが、黒のスカートにヒラヒラのブラウスを着て、清楚な感じを醸し出してます。
特に巨乳という訳でもなく、本当にどこにでもいそうな、極めて標準的な感じでしたね。

んで、手を繋いで部屋まで行くと・・・。

「ごめんね、待った?」

どうやら出勤してきたばっかりの様です。
間近で見ると30歳くらいすかね・・・ちょっぴり熟女でした。

服を脱いでハンガーに掛けてもらい、ベッドで待ちます。
なんかよく分かりませんが、ベッドではいきなり飼い猫の話に突入。
しかし、おいらは『アキさん(仮名)』のバスタオルから覗いている胸に釘づけに。
もちろんイチモツもビンビンになって、タオルがテント状になっていました。
そこからアキさんがパクッとフェラしてくれました。
なんつーか、皮オナしかしてないオイラには刺激強すぎです。

すぐに「うおー!」と悶絶。

すぐイッちゃうかと思ったのですが、あまりにも刺激が強すぎてイケず。
アキさんはフェラを止めて、するっとイチモツにゴムを付けると「上がいい?下がいい?」と聞きながら、ジェルみたいなのをアソコ入れてます。
おいらは「上がいいです」と言って、入れてみると・・・んー微妙です。
正直あんまし気持ち良くなかったです。
少なからず期待していたため、急にテンションダウン。
しかも動きがぎこちなく、満足に動けず・・・イチモツも萎んでしまいました。

アキさんが「大丈夫?」と言うので、童貞カミングアウト。

「えー!」とビビるアキさん。

でもまぁこの惨状を見て納得したようで「じゃ、マットでしようか」と提案。

おいらは一人で風呂に入り、アキさんはマットを準備しています。
準備が終わると「おいでー」と呼ばれて、椅子に座らされ体中をくまなく洗われます。
そしてマットに横になるとアキさんがスイーと乗ってきます。

これがなんか気持ちいい!

急速に元気を取り戻すイチモツを見て「あら、今度はあたしが上になるね」とマウントポジションになって、手でイチモツをむぎゅっと掴まれました。
で、次の瞬間ヌプッとそのまま挿入!

え?ゴムは?と思いましたが、これが気持ちイイ!

なんと言うか・・・あったかいっすね。
で、柔らかい。
優しく包まれてる感じでした。
おいらもオナホを使った事はありましたが、本物は違います。
かなりいいっす。

そんな訳でスコン、スコンと腰を動かされ、もう10回くらい動かされたら何かイキそうに。
アキさんが「気持ちいい?」と言った時にはすでに発射してました。
こんなに溜まってたのか?というくらいアホみたいに出して、もうなんつうか、脱力しました。

んで、おいらの腹にアキさんが例の白いヤツをぶちまけ始めて「結構溜まってた?」と。

アキさんは脱力したおいらをまた洗ってくれて、先にベッドで待機します。
アキさんはアソコに指を入れてシャワーで洗ってます。
なんか勃起しました。

ベッドでは「どうだった?」と聞かれて、「夢みたいです」と答えたら、「あーよかった」とハハハと笑ってました。

しばらく雑談してから「もう一回する?」と言われて、今度はバックでしてみる事に。
また「ちょっと待ってね」と言われ、ニュルンとジェルを注入してから「どうぞ」と四つん這いに。
ブチュッと挿入するとさっきよりキツイ!
しかも動きやすい。

バックっていいなぁ・・・と思いつつも気持ち良くて、楽しむより、ついついスピードが上がります。
やっぱり今思うと余裕がないというか、出したくて仕方がない、と言うか。
すぐにイキそうになって、そのままアキさんの中で果てました。
それから時間までマッタリして出てきました。

アキさんは「今日は特別だから言っちゃだめ」と言ってました。

ごめんなさい、書いてしまいました。

でも本当に感謝、と言うか来週も行っちゃうかもしれません。
つたない報告終わり。

正常位はなんというか・・・腕が筋肉痛になりそうでした。
ちょっとまだ無理w
バックはまだ動けました。
お尻を掴んで出し入れ、って感じですね。

腰をかなり使ったので下半身がだるいです。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。