雨宿りは不倫のはじまり・・セックス体験談

平日、一人で車で近くのショッピングセンターに行ったときのこと。

駐車場で車を出すときに雷雨になり、そのショッピングセンターの入り口で、傘も持たずに立ち往生している子供が目に入った。
数年前にうちの子供と同じ幼稚園に通っていたお友達である。
その後、通う学校が違ったのか、うちの子供から一緒に遊んでいるとは聞いていない。



声を掛け、家まで送ってあげた。
家では母親が出てきて、お互い見覚えがる間柄であったので、多少遠慮があったものの、誘われるままにお邪魔してお茶をいただくことになった。
外は大雨で車とは言え、ちょっと時間を潰したい思いもあった。

子供は自分の部屋に戻った。
しばらく世間話をしていたが、ふとした瞬間に私の手のひらが母親の太ももに当たってしまい、それがきっかけとなり、そのままリビングで母親の貞操をいただくことになった。
子供に聞こえぬように気を遣いつつ、母親を床に伏せて、スカートを捲り、パンストをずり下ろした。
ちょっと、いやいやをされる。

「恥ずかしい」と何度も母親はつぶやいた。

私は、その丸見えになった秘部を天井に向けるような形で両ひざを抱え、そのままの形で静止した。
恥ずかしさからか母親の顔は真っ赤に火照っている。
ようやくペニスをあてがった。
母親は目も口もしっかりと閉じている。
でも、秘部は充分に濡れていて、私のペニスはズルッと付け根まで入っていった。

ペニスを出し入れをする。
あまり使い込んでいない身体のようだった。
母親はしっかり私にしがみつく。
元々、その母親は私の好みタイプだったので、思いもかけず至福の時間を味わった。

その後、その母親とは会っていないけれど、こちらから連絡すれば、必ずまたご馳走をいただくことになると思う。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。