チンポを抜く暇も無くたまらず中出しで射精www

2月に高校の同窓会が開かれ、

同級生のうち何人かが帰省した。

みんなと逢うのは、3年ぶりで盛り上がった。

2次会は、カラオケとなったが、

カラオケ嫌いな俺は、

何人かを「家飲みしないか?」と誘った。

結局、俺とT(男)とI(女)の3人で俺の家で飲み直す事に。

結構な酒量を飲んでいたせいもあり、

お互いの彼・彼女の話で盛り上がった挙句に

会話はHネタへと発展した。

Iは高校まで彼氏はいなくて確実に処女と言われていた。

でも、彼氏の話が出ているという事は・・・

「さすが東京の大学まで行っただけの事はあるな・・・」

と思った。

(Iは、頭も良く東京の大学へ進学した。)
酔った勢いもあり、俺は「毎日やっているのか?」と聞いた。

「うん」・・・とちょっと恥ずかしそうな感じで答えた。

Iがトイレへ行った際、

「なぁ、I、可愛くなったとおもわねぇか?」

と尋ねたら、Tが半ば眠そうに

「うん。俺もそう思う」と返答。

「なぁ、Iとヤリたくねぇか?」と尋ねたら

「・・・」無言だった。

Iがトイレから戻ると、

東京の彼の話題で会話を盛り上げ、矢継ぎ早に

「いつも彼氏とどうやってSEXしてるんだ」と俺は聞いた。

「はっ!?」という顔をし、

「普通だよ」と応える。

「普通って、実際にどうやってるのか教えてくれぃ」

とやさしく肩を抱き寄せ、キスをしようとした。

「えっ・・」とちらりとTの方を見たが、Tは寝ていた。

Tの眠りを確認したIは、すかさず目を閉じ、俺のキスに応じた。

最初は冗談かと思っていたが、

自分から舌を絡ませてくる程に積極的な展開へ発展。

そのまま、しばらくの間キスをし、

ブラをはずしオッパイを揉んだが抵抗はしない。

キスはさらに濃厚な状態へとエスカレート。

お互いの唾液を交換し始めた。

スカートに手を入れパンストを片足だけ脱がせ、

パンツの隙間から、あそこに指を滑らす。

「もう、べちゃべちゃだよ」と耳元で囁き、

Iの右手を掴み俺の股間へ触らせると、俺のを愛撫し始める。

彼氏に調教されているのだろう、

きっちり裏筋から根元の間をゆっくりとさすり始める。

「フェラはどうやってんだ」・・・

チャックをおろしGパンを脱いだ。

Iが咥えようとした時、

「あっ!おまえら何やってんだ」とTが起きた。

どうにでもなれっと思い、

「見ての通りだ。おまえも一緒にどうだ。」と開き直った。

Iは、ビビッたのだろう、ただ固まっていた。

開き直った言葉に、Tは呆れたのか、ぼう然としていた。

「どうすんだ、やりたいなら、Iのオマンコを綺麗に舐めろや」とTへ命令。

Tは、スカート、パンスト、パンツと丁寧に脱がせて

Iを四つんばいにさせ両尻を鷲づかみにし

「べちょマン」を広げた後、吸い寄せられる様にTの顔が尻に隠れた。

Iは、さっきトイレに行った事を気遣ってか、

「いやっ」と嫌がる。

ちょっと抵抗した仕草にも、

「大丈夫、おしっこしたオマンコを舌できれいにしてくれるって」

と言い、無理やり俺のチンポをしゃぶらせ、黙らせた。

何事も無かった様に、TがIのを、

Iが俺のを舐め回すいやらしい音だけが部屋に響き始める。

脱がされたパンツにちらりと目が行った。

ナプキンがついていた。

よく見ると、ナプキンは汚れていないので

さっきのトイレタイムで変えてきたかばかり・・・

いや、生理を予想しての装着か、

終わりかけのどちらかだな・・・と直感した。

今日は、「中出し」しようと決心した。

5分位して、Tは、マンコを丁寧に舐め回した挙句、指も入れ始めた。

「びくっ!びくっ!」

と敏感な反応がフェラをするIの口内から俺のチンポへと伝わってくる。

「欲しいなら、欲しいといって見ろ」と言った。

なぶられっぱなしのIは、もう1秒も我慢できない様子で、

「ほっ、欲しい・・・、オチンチン入れてちょうだい」

と隣の部屋まで聞こえる位の大声で叫んだ。

「交代だ!」と

咥えている俺のチンポを抜き、Iを180度回転させ、

「今度はTのをおしゃぶりだ」とTのを咥えさせた。

「こうして見ると、いやらしいな・・」と呟き、

洪水状態のIのマンコへ指を入れこねくり回した。

悶絶しながら、Tのが口からこぼれかけたその瞬間に、

Iの腰をしっかりと掴み先っぽを軽くあてがうと、思いっきりブチ込んだ。

ゆっくりとではなく、犯す様に、乱暴に、一気に、膣奥まで突く。

勢いありすぎて、Iがうつ伏せになるが、

今度はTが抱き起こし、口へ突っ込んだ。

「Tもようやくその気になり始めた・・」と思った。

Iは、文字通りの「串刺し」の状態となった。

「うっ!」とIの頭を抑えTが口内射精。

驚いた。Tの射精の早さではなくIのテクにだ。

Tの射精中にIは、

右手の親指と中指と薬指の3本でTのチンポをシゴきつつ、

左手では袋を揉んでいるではないか。

残りのザー汁を絞り出した後に「ちゅぽっ」

と音がして口からチンポがはずれた。

直ぐにIは、大声であえぎはじめる。

Tのザー汁は、即完飲という証だ。

それを見ていた俺は、興奮し、

チンポを抜く暇も無くたまらず中出しで射精。

結局、朝まで3P状態でSEXしまくった。

俺は3回。2回中出し、1回口内射精。ザー汁完飲。

Tは4回。3回中出し、1回口内射精。ザー汁完飲。

翌朝、Iを車で実家まで送った際に面白いことを言っていた。

俺の口内射精一回とは、

Tがやってる最中に次の準備と題してセンズリをしていた。

が、予定を急遽変更。

ティッシュの代わりにIの口内に発射するから飲んでとお願いした一発だった。

その事を指してるであろう、

「私の彼もエロDVDを見て、Iの口に発射するの好きなので、あの時何か変な感じがした」との話。

車を降りる際Iへ、

「夏休みは、帰るのか?」と聞いたが笑ってごまかされた。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。