3Pどころか4P・・まさか体験するとは

彼女と俺の友達と(男)と三人で酔っぱらって家に帰った時のこと。

彼女はその日ミニスカだったんだけど酔っていて

そのまま三人で雑魚寝することになった。

彼女は最初は布団をかぶって寝ていたんだけど、

途中で目が覚めると開脚しているじゃないですか。

もちろんパンツ丸見えで食い込んでやらしい姿に。

連れに見られるのが嫌で布団をかぶせた。

で、眠たさもあって再び眠りに入ったんだけど、

何気に目が覚めて目を開けると

彼女のバーバリーっぽいスカートがヘソまでめくれて

パンツが食い込んだあそこを見ながら連れがオナっていた。
俺は気付かないふりをしたが、触られてなくて良かったと思う。

彼女酔って寝たら触られたくらいじゃ起きんからひょっとしてあの食い込みは奴そ仕業じゃないかと考えたけど、そんな奴じゃないしなぁ。

しかし、あいつも度胸あるよ。俺と彼女の間に入ってきてオナるなんて。

オナニーだけとは言え、あの空気じゃ止めれないから我慢したけど、何か嫌な感じだ。奴はイッタらしく元の位置に戻ったけど、俺ですら彼女で生オナニーした事ないのに。

悔しくて見ていた事奴に言ったら、今度逆バージョンさせてやると。

あいつの彼女でオナニーさせてくれると。

でもなぁ。と思いつつも乗ってしまった。その話に。

奴の彼女を酔わして、俺がやっている間、連れはトイレで待ってると。

俺の時と同じく連れとその彼女と俺の3人で飲みに行く。

連れは嫌そうだったけど、自分がやった手前、かなり彼女に飲ませていた。

その日の彼女の格好は仕事帰りらしく、スーツなんだけど結構ミニなんで俺的にはOK。

俺はあまり飲まなかったけど、二人はかなり酔っていた。で、タクシーで俺の家に。速攻彼女が寝てしまって、連れも約束を覚えているのかわからんくらいに熟睡してしまった。

その彼女は何回か会っていたけど、ミニで寝ている姿だけで興奮してきた。

俺は布団をはがして生の足を拝んだ。するとタイミングよく膝を立てた!パンツが丸見え。でも普通のパンツで萎えた。携帯でパチりとやったけど。

連れは熟睡してるみたいだし、ちょっとくらい触ってもいいかなと思ったが度胸が無くて断念。興奮はしたけどオナニーする気も無く俺も寝てしまった。

明け方、目が覚めると・・・。

暑かったのか、その彼女はシャツを脱いでタンクトップ姿に。

そして足元には脱いだと思われるパンストが。そのパンストに目をやると何か白い物が。・・・パンツだった。寝ぼけて両方脱いでしまったらしい。

恐る恐るスカートの中を覗くと、乾いたあそこが!

毛が薄くて綺麗だった。バレないかと俺は我慢ならずにオナニーを始めた。

一分くらいで逝きそうになった時、彼女と目が合った。目を覚ましたらしい。

ヤバイ!と思ったが、そのまま続行してティッシュの中に。

すると以外にも「気持ち良かった?」と聞いてきた。俺は「まぁ」とだけ答えた。

彼女は布団で体を隠しパンストやらを布団の中で着た。

その後、連れに色々聞かれたが、普通にやったとだけ答えた。

連れは悔しそうだったけど、お互い様と言う事で。

しかし、生のおかずは最高だ!

で、後日、俺らカップルと連れカップルで飲んだ時、その話を喋ってしまって変な展開になりつつある。

彼女の仕事終りで会ったら。嫌な予感の報告。

彼女、美容師で、その日連れが髪を切りに来たらしい。連れは前から通ってたけど、あんな事があった手前来ないと俺は思ってた。

でも来やがった。

で、彼女、まだあの話をひっぱてたみたいで、連れが来たらバックヤードでブラ取って乳首のポッチが周りにばれないよう、カーディガンを羽織って仕事したらしい。

前かがみになる姿勢も多いから乳首見られたかもって。

俺は内心嫉妬したけど、平静を装ってたら、彼女、悔しいみたいで。

しかし、そこまでやるかなぁ?

俺としては連れがうらやましいよ。連れの彼女も俺にそんな事やってくれないかなぁ。

俺が連れの彼女でオナニーしたのがかなり悔しかったみたいで、仕返ししようとしてるんだろうけど。ま、付き合いも長いし、彼女の好きにさせてあげようかな。

あれから四人で飲みに行った。でも残念ながら連れの彼女は親がうるさいと言う事で一時間くらいで帰った。その後三人で4時くらいまで飲んで、いつもの如く俺の家に。

連れは何か恐縮してるみたいだけど、彼女がノリノリ。

四人の時はそうでもないけど3人になってからが。家に帰って酔いもあり、膝下のスカートでわざと三角座りしたり。

何回もパンチラとか胸チラを披露。連れがトイレに行った時に注意したけど、あんたも気持ち良かったくせにと反論される。不条理な反論だけど。

まぁ、見せてるだけならいいかと俺も麻痺してきてずっと3人で話してた。

俺は酔いもあったのかこのスレを思い出し、彼女に小声で「ブラ取ったら?」と冗談ぽく言ったら、トイレで取ってきやがった。

Tシャツだったから乳首が透けてて連れは挙動不審。

小心な癖にエロい連れだから内心喜んでるだろうと思うと、何か悔しかった。

で、明るくなってきたので彼女がシャワー浴びて寝ると言う事でほっとしたけど、俺の家に置いてある、パジャマ代わりの短パンとTシャツで出てきてパンツは履いてたけど、上はノーブラで。

彼女はそこでダウン。でも連れは我慢できなかったみたいで俺にもう一回だけと頼んできた。もちろんお返しはありで。ならいいよと、俺はシャワーを浴びに行った。

でも何か気になったのでシャワーを出しっぱなしにして、そっと様子を見に行ったら・・・彼女、連れの息子を手でチョロチョロとやってやがる。手こきまではいかないけど。酔ったら彼女、大胆になるから。

連れはシャワーの音に安心してか、堪能している。

オナニーだけどころか手コキ寸前まで。というか手コキに発展したよ。

連れは、うぅといいながら逝ってしまったみたい。一分くらいかな。

俺はシャワーに戻って、体洗って部屋に帰ったら二人共寝ていた。

何か興奮したのとあっけに取られたのと悔しさとが入り混じって不覚にもオナニーしてしまった。空しかった。で、昼過ぎに起きたらまだ二人寝てて俺はコンビ二へ買い物へ。

帰って来たら二人共起きてて、何か気まずそう。で、連れの彼女が来るというので連れは迎えに。彼女に問いただしたら(知ってるけど)ごめん、やりすぎったって。

その姿見たら許してあげようと思った。で、連れが彼女連れて家に。

連れの命令かわからんけど、前とは違いフレアミニで。

飲み屋で暴露して以来、お互いがオナニーした事は知ってるし、俺と彼女は手コキしたのも知ってる。俺はそう考えたら急に悔しくなって連れの彼女に昨日の事を言ってしまった。

すると連れの彼女、「じゃあお返ししないとね」とあっさり。

もともとあっさりしていたけど、ここまでとは。

連れは動揺していたけど、昨日の手前、反論も出来ず、彼女も嫌そうな顔したけどもちろん反論できない。じゃあちょっとだけと言いながら連れと彼女はコンビにまで。

連れは5分したら戻ってくると言って出て行った。

部屋に残った俺は気まずかったけど、連れカノの「立ってる?」という質問で吹っ切れた。

「いや、まだ」と答えたら、スカートめくって、ピンクのパンツ見せてくれた。

「触ってもいいよ」というから素直に触ったらちょっと濡れてた。

連れカノが俺の息子をしごきだした。かなり気持ちいい。テクもあるし、昨日の事もあるしで逝きそうになる。手が、止まった。びっくりしたけどフェラまで。

フェラも結構うまくて、でも悪いから口の中は避けようと「逝きそうだからもういいよ」と言ったら逆に激しくなって口の中に出してしまった。

連れカノは「これでおあいこね」と言って何もなかったようにタバコ吸い出した。

しばらくして二人が帰ってきて、ずっと沈黙だったけど、連れカノが連れに「サービスしといたからおあいこ。ケンカするんじゃないよ」と言ったもんだから彼女が怒りだして連れも動揺しながら手だけかどうか確認してきた。

俺は答えに困った。あいまいに答えたら、連れが俺もやらせてもらうと言い出した。

それはダメだと言うと、彼女がいいじゃんと開き直る。

俺と連れカノが止めたけど変な空気に逆らえず、二人で何か始めようとしてる。

二人は俺たちがSEXしたと思ったらしいというのは後で知った。

俺は彼女が手マンされ始めて、どうでも良くなって連れカノに襲いかかった。

でも以外に連れカノは拒否してきた。むしろ連れを止めようとしてる。

けど、彼女感じ始めて手の付けれん状態に。すると連れカノは怒って帰ってしまった。

俺はただ見てるしかなく、いつもより感じてる彼女を見てると複雑な心境。

彼女はざまぁ見ろと言う目をしながらフェラしてる。いつもタマとか舐めない癖にサービスしてるし。でも俺も何故か勃起してた。しかし、3Pには抵抗あるし。

俺もいたたまれなくなって外に出た。アパートの前に連れの車があって中に連れカノが。俺は泣いている連れカノと話した。

連れカノは余計な事しなければよかったと。聞けば連れカノも嫉妬心で俺にやったみたいで。

何でこうなったのか。元はと言えば連れが俺の彼女でオナニーしたからだ。

車の中で10分くらい沈黙だった俺たちだけど、部屋に戻って話し合おうと言う事になって戻った。

戻ったらまだやってやがる。しかもいつも断られるバックで。彼女はかなり逝かされてる。

おれたちに気付いてないのか段々激しくなっていく。キッチンから俺たちが部屋に入ったと同時くらいに連れが逝った。彼女はぐったりしてる。

俺たちは話し合いどころか連れカノが急にしゃがんで俺のチンポをくわえ出した。

ジーパンの上からでも気持ちよく、俺は胸をまさぐった。始めて見る乳首に理性が押えられなくなって、スカートをまくってパンツを食い込ませて69に。

連れカノもかなり感じてるみたいで、連れを見ながら喘いでいる。

そのまま連れカノは俺の上に。正直、生でやるのはこれが最初で、俺はすぐに逝ってしまった。彼女の時はもっともつのに。連れカノはまだ興奮が押えられないみたい。

連れカノ、連れのしぼんだ息子咥える。もうここからあまり記憶ない。3Pどころか4P。まさか体験するとは。俺は彼女相手せず連れカノばっかに。

彼女悔しそうだけど、仕方なかった。終ったあと、気まずいのか皆沈黙。

夜になってたので、皆家に。今度会うことがあったら彼女ですら何を話していいのか。

でも、嫉妬て怖いなと思う。今後こんな体験できないだろうね


読んでくれたあなた!本当にありがとう♪
ポチっとしてくれたら明日からも頑張れます(^^)/


官能小説ランキング


アダルトブログランキング


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。