覆面を被って妻にいたずらしたセックス体験

ある日、ふと思いついた事がある。
妻の待つ自宅に私が変質者を装い、押し入って妻を強姦してみたらどうなるのか。
試してみようと、ついに決行した。
夜8時過ぎ、私は覆面を被り部屋へ侵入。
妻は風呂から上がりたて。
背後から忍び寄る。
鏡ごしに映る私を見て、震える妻。
私は一切しゃべらず、妻を縛り、目をガムテープで目隠しした。



妻は「やめて・・・お願い・・・助けて」と懸命に頼んでいる。

私は黙ったまま、ちんちんを妻にしゃぶらせようと口へ押し付けた。

「しゃぶれば許してもらえますか?・・・」と言うなり、しゃぶり始めた。

妻はテクニックの持ち主である事が判明した。
私にはこんな事しないからだ。

私は、勃起した物を妻に挿入した。

「ああ・・・いいわ・・・すごい大きいわ・・・」と言いながら感じている。

早漏な私はそのまま中で出しました。

妻は「誰にも言いませんから・・だから助けて・・・出て行って・・・」と言った。

妻が可哀想になり、私は家を出た。
3時間程してから何食わぬ顔をして私は帰宅した。
妻が出迎えてくれた。

「お帰りなさい・・・」

妻は動揺しているかと思いきや、普通であった。
変質者に犯された事は何も言わない。

まさか、また犯されたいと思っているのかも知れない。

その晩、私は妻を抱いた。
2回も出した。
妻はいたって普通で安らかに寝ている。

女の神経は図太い。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。