婦人科検診に行ったらお医者さんにクリをいじくられたエッチな体験談

先日、初めて婦人科検診に行きました。

クリトリスや膣口を念入りに消毒され、先生が指を入れてグニュグニュしてきました。

診察なので別にその時は変な感じはなかったのですが、

少し時間が長いかなぁと思っていると、先生の指が微妙にゆっくりとピストン運動をしていたのです。

私は恥ずかしいのと気持ちいいのと腹立たしいのとが一緒になって頭が混乱し、

固定されていた足をバタバタ動かしました。

すると先生はすぐに指を抜き、

「ごめんねぇ、もう少し我慢してねぇ」

と言いながら、ゼリーのようなものをクリトリスに塗り始めました。



もうその時点で膣口付近は濡れてベトベトだったと思います。

下半身が痺れてしまい、すぐにオナニーをしたいような状況でした。

先生は、

「ここ痒いでしょ?少しかぶれてるみたいだから薬塗っときますね」

と言い、クリトリスを念入りに指で摘みながら揉んできました。

確かに最近クリが痒かったので納得したのですが、

先生は皮まで剥いて激しく揉んでくるので、

私は声を抑えるので必死でした。

かなり濡れているのが自分でもハッキリ分かって、

お尻に液が垂れる感じがした時、

「グボボボボッ」

と音がして、

掃除機のようなもので液を看護婦さんが吸い取りました。

自分の状況がとても恥ずかしいと思い、

「先生、も、もういいです」

と言いました。

先生は

「はいはい、もうすぐですよ」

と淡々と言いながらクリトリスを揉みしだいています。

恥ずかしいので絶対逝ってはいけないとして我慢しました。

やっと診察が終わり、

すぐにトイレに駆け込みオナニーをしたら10秒ほどで逝ってしまいました。

翌日、会社の同僚にこの事を話すと

「それ絶対変だよー、そんな事する医者いないよ」

と言われました。

あの医者はやはり私で遊んでたのでしょうか、

とても悔しいです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。