姉ちゃんのエッチにハマりそうな気がしています・・

私(22歳)たち姉妹は昔から仲よしだったのですが、

ゆきこ姉ちゃん(30歳)が離婚して実家に帰って来てから、

エッチな関係になってしまいました。

急な離婚だったけど、ゆきこ姉ちゃんは落ち込んだりせず

「私は結婚に向いてなかった。向こうから離婚て言われたのよ」

とだけ言っていました。

あまり聞きすぎるのも悪いなぁと思って、

深く聞かずにいました。 

ある日、両親が親戚の結婚式で遠くの県に2泊3日で外出し、

私とゆきこ姉ちゃんはいけない事をしてしまいました。

両親がいない1日目の夜、お風呂に入っていたら、

ゆきこ姉ちゃんが入って来て、

びっくりしたけど、まぁ…いっかと思いました。

ふたりで湯船に浸かっていると、

恋愛の話からエッチな話になりました。
始めは、ゆきこ姉ちゃんが私のエッチな話を聞いてきて、

私が高2の時に初エッチしたことや、

最近最後にエッチしたのは元カレと別れる前の6ヵ月前ということ。

ゆきこ姉ちゃんに

「なつみ、オナニーしたことある?」

と聞かれた時は、

毎日のようにオナってる私だけど言うのが恥ずかしくて

「お姉ちゃんは?」

と聞き返しました。

ゆきこ姉ちゃんは「私はオナニー好きだよ。大人のオモチャも持ってるよ」と、

にっこり笑いながら言うから、びっくりして

「ゆきこ姉ちゃん、本当の事言って恥ずかしくないの?」

と聞きました。

ゆきこ姉ちゃんは

「なんで?私たちは姉妹じゃない?恥ずかしくないよ。なつみはオナニーしたことないの?」

と言われたから、

「したことあるけど……」

と言っちゃいました。

「どんな風にオナニーするの?」と聞かれ、

何て言ったらいいかわからず黙っていると、

「乳首触るの?」と聞かれ、「うん」と言うと、

「どんな風に触るの?」とまた聞かれました。

私はまた黙っていると、ゆきこ姉ちゃんは

「こんな感じ?」と言い、私の乳首を触りました。

私はびっくりして、ゆきこ姉ちゃんに「もう!エッチ!」と言い、

後ろを向くと、ゆきこ姉ちゃんは

「ごめ~ん!だって、なつみが教えてくれないんだもん!」と言い、

後ろから抱きついてきました。

最近欲求不満な私は、ゆきこ姉ちゃんに乳首を触られたとき、

気持ちよくて、ドキドキしていました。

もっと気持ちよくなりたい…と少し思ってしまいました。

ゆきこ姉ちゃんは「なつみの乳首小さくて可愛いね」と言い、

後ろから私の乳首をコリコリ触ってきました。

「あっ」と声が出てしまい

「気持ちいいの?」と聞かれ

「違うもん」と言い返すと

「じゃあこれは?」と言い、

私の両方の乳首をコリコリと触り続けました。

「あ…ぁあっ…」と、つい声が出てしまった私に

「なつみは嘘つきだね。気持ちいいくせに」と言われ、

何も言えずにいると「まだ嘘つきなの?」と言われ、

いきなりおまんこを触られました。

ゆきこ姉ちゃんは「やっぱり嘘つきじゃん。なつみ、ヌルヌルしてるよ」と言われ、

とても恥ずかしくなりました。

ゆきこ姉ちゃんは「そろそろ出なきゃのぼせちゃう」と言い、

一緒にお風呂を出ました。

ドキドキして、エッチな気分のままの私はオナりたかったけど、

お姉ちゃんがいるから我慢していました。

お風呂から出て、一緒に大好きな梅酒を飲みながら、

テレビを見ていたら「なつみ、見たいDVDがあるから一緒に見ようよ」と、

ゆきこ姉ちゃんはDVDを持って来ました。

「何?」と聞くと「見てからのおたのしみ」と言われ、

テレビを見ていると、エッチなDVDでした。

エッチな気分だった私は見たくなって、ドキドキしながら見ました。

DVDは無修正で、しばらくするとゆきこ姉ちゃんが

少し大きなバッグを持って来ました。

バッグを開けると中から、たくさんのエッチなオモチャが入ってました。

「なつみ、貸してあげるよ」と言われ、

すごく使ってみたかったけど

「いや~…」と言いました。

お姉ちゃんが「使い方がわからないの?気持ちいいよ?」と言い、

自分の乳首にローターを当てて、

ゆきこ姉ちゃんが「こうやって使えばいいのよ」と

私の前でオナしはじめました。

あっという間に、ゆきこ姉ちゃんは裸になり、オナしていて、

テレビはエッチなDVDが映っていて、

私も我慢できなくなってきました。

ゆきこお姉ちゃんが、私に近づき、キスをしました。

舌使いがいやらしくて、私の口の中を舐めながら、

私のパジャマを上手に脱がせてしまいました。

ローターを乳首に当てられると、すごく気持ちよくて、

声も我慢せずに喘いでしまいました。

ゆきこ姉ちゃんは「なつみ、もっと気持ちよくなろうね」と言い、

クリトリスにもローターを当て、乳首を舐めます。

私は「気持ちいい!いいっ!」と、

ゆきこ姉ちゃんに抱きつきながらイッちゃいました。

ゆきこ姉ちゃんが私のおまんこの中に指を入れながら、

自分のおまんこにバイブを入れていました。

ゆきこ姉ちゃんは自分のおまんこの中に入れていたバイブを出して、

私のおまんこに入れました。

「なつみのおまんこ、いやらしいね。バイブくわえこんで、グチュグチュ言ってるよ」

とエッチな言葉を言われ、

気持ちよくて喘ぐだけで何も言えない私のクリちゃんをジュルジュルと舐めました。

「だめ!イッちゃう!」と言うと、

ゆきこ姉ちゃんはバイブを出して、

二人のおまんこに一緒に入るバイブを自分のおまんこに入れ、

私のおまんこにも入れました。

ゆきこ姉ちゃんが男の人みたいに腰を動かし、

私のおまんこをグチュグチュかき回しました。

私は頭がボーっとするほど気持ちよくて、

ゆきこ姉ちゃんは私と自分のおまんこを擦り合わせて、

クリトリスにローターを当てて

「これが一番いい!」

「なつみのおまんこ気持ちいい!」

「おまんこ好きぃ~」

とエッチな言葉を言いながらイッていました。

一緒のベッドで裸のまま寝て、話をしたら、

ゆきこ姉ちゃんはレズビアンだと知りました。

結婚した後、パソコンでレズビアンのDVDを見ているうちに、

男の人の身体に興味がなくなったことを教えてくれました。

だから元旦那さんとセックスレスになり、

「女の人としかエッチしたくない」と言い、

離婚してしまったそうです。

ゆきこ姉ちゃんとエッチな関係になってしまいました。

彼氏はほしいけど、

ゆきこ姉ちゃんのエッチにハマりそうな気がしています。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。