バイな先輩と内風呂でエッチな洗いっこしたエロ体験

友達とその先輩と4人で温泉旅行に出掛けました。

豪華な料理とお酒で、みんな酔っ払っちゃって。
それから温泉に入ろうということになったのですが、私は生理が終わったばかりで。
ちょろちょろって残りが出てきたら他の人に悪いから、「内風呂に入る」って言って、大浴場には行かなかったんです。

で、友達とその先輩の1人は大浴場へ出かけていって。
一人友達の先輩が残ったからどうしたんだろうって思っていたら・・・。



「私も生理だから」って。

単純にその時はそっかぁって思ったんだけど。

でもそしたら、「一緒にお風呂入っちゃおうか?」って。

なんでそんなことするんだろう?変だなァと思いつつも、断るのも悪い気がして一緒に入ったんです。
で、仕方なくって一緒に部屋についてる内風呂に入って。

「お風呂入ったとき、どっから洗うの?」とか、最初は普通に話ししてて。

先輩も普通に体洗ったりしてるから、(なんだ、変に思ってて自意識過剰だったなぁ)なんて心の中で照れてたら・・・。

「髪の毛洗ってあげよっか?」って。

すっごいビックリして、「え?いや、いいです」とか急に丁寧な口調で断っちゃったりしてw

でも、「洗ってあげるよー。アタシ上手なんだよー。たまに彼のも洗ってあげるんだー」って言うから・・・。

(あ、彼がいるんだ!なんだ。やっぱりドキドキしちゃったりして恥ずかしー)とかって油断しちゃって。

「じゃ、お願いしま~す」って洗ってもらったんです。

そしたら、ホントに髪の毛洗ってくれるの上手で気持ちよくって。

「気持ちい~!」って喜んでたら、「ほんと~?そしたらさぁ、体も洗ってあげるよ~」って・・・。

(もうこりゃやっぱヤバイ!)って思ったんだけど、でももしかしたらやっぱりただ親切なだけなのかも・・・とかも考えたりして。

変に断るのも逆に意識してると思われたらイヤだから、「えー!わるいですぅー」とかって濁そうとして。
でも、「いいから」って、いきなり自分の手にボディーソープつけて、それでアタシの体を洗い始めたんです。

(やばい!やばい!)って思ったんだけど、でもなんかそういう時って変な心理(?)になっちゃう。

なんか断れないっていうか。
されるがままで・・・。

最初は腕とか首で、その後背中向けるように言われて。
背中を洗われて、そのあと後ろから前に手を伸ばされオッパイを・・・。

さすがに恥ずかしいような恐いような気分になって、「そこは自分で洗う・・・」って小さな声で言ったんだけど、「いいから、洗ってあげる」って言われてからは確信しました。

(あ、この人バイなんだ・・・)

なんで『ビアン』でなくて、『バイ』だと思ったのかは、今考えると不思議でなんだか笑っちゃう。
自分も酔ってたし、なんとなく興味もあったから、そんなにイヤじゃなかったんだけど、でもあからさまに受け入れるのも恥ずかしかったから、ちょっと抵抗するふりして・・・。

「え?なに?なんで?」とか言っちゃってw

「いや?」って聞かれて、でもそこで終わっちゃうのが惜しかったので、「ううん」って首振っちゃった・・・。

それからは、もうされるがまま。
最初は後ろからおっぱい触られて。
乳首とか、(あ、女の人も男の人も同じように触るんだ・・・)とかボンヤリ考えたのを覚えてる。

すっごい気持ちよくて、おっぱい触ってる友達の先輩の手を上から押さえて「やめないで」とは言えないけど、そんな感じだった。

「今度はアタシの洗って」って、向き直させられて。

手に石鹸つけて、ぎこちなく洗ってあげた。
恐る恐るおっぱいにも手を出して、自分でオナニーするときに弄る方法で乳首とか触ったら、その先輩もすっごく気持ち良さそうで。
声も出すから、もうすっごい興奮しちゃった。

でも、そろそろ大浴場に行ってた他の子たちが戻ってくるかもって思ってドキドキして。
だけどそこで終わりにしたくなくって、大胆にも下のほうに自分から手を伸ばして先輩のアソコを触ってしまいました。

そしたら、めっちゃヌルってなってて・・・。

それでアタシももう何がなんだかわからないのに、すっごい大胆に触っちゃった。
やっぱり自分がオナニーするときと同じようにお豆触って。
男の人が触ってくるとき、“もっと強く触って欲しいのに”って、いつも思ってたから先輩のは少し強く触ってあげた。
女の人としてるんだよなぁってボンヤリ考えながら・・・。

(アタシなにしてるんだろう?)って思うのと、(気持ちよくしてあげたい)って思うのとで、なんかスッゴイ変な気分だった。

でもすごく気持ち良さそうに声を出しているのを聞いて、“可愛い”って思っちゃったし、(イカせてあげたい!)って思った。

それから、急いでシャワーで石鹸流して乳首舐めてみた。
自分がして欲しいって思うことをいっぱいしてあげました。
赤ちゃんみたいに吸ったり、優しく噛んだり。
そうしながら、お豆を触ってあげて。

先輩は、「あぁん」ってカワイイ声ずっと出しながらアタシのおっぱい触ってた。

それも気持ちよくて、一生懸命触ってあげた。
中指で、くるくる円を書くように。
左右に指をグリグリ動かしたり。
次から次からと濡れてくるから、ローション使ってるみたいで触りやすかった。
私もすごく濡れているの自分でわかったけど、でもなんか先輩にイって欲しいって思って、下のほう触って欲しかったけど、ガマンしちゃった。

しゃがんで、両手使って穴の方にも指入れてみた。
舐めてみたいなーって思ったんだけど・・・。

急に先輩の声が出なくなって、“あれ?”って思ったら、一瞬ブルブルッって身震いみたいのして、ふっと先輩の力が抜けちゃって、(あ、イッたんだ)って分かった。

その後、すごく恥ずかしそうな顔してたのが、それがまためっちゃカワイイと思った。
それから急に先輩は、また大人の顔に戻って、「今度は触ってあげる」って言ったけど、でも友達が帰ってきちゃいそうで恐かったから・・・。

「また今度にしてください」とか、訳わかんないこと言っちゃって、そそくさとオマンニョ洗ってオフロから出ちゃった。

案の定、大浴場に行ってた友達がその後すぐに帰ってきました。
その日の晩は、“もしかして”とか淡い期待を抱きながら悶々と過ごしましたがw
でも、いつの間にか寝ちゃった。

次の日は、何も無かったかのように二人とも普通に過ごしました。
その先輩とは、残念ながらそれっきりです。

なんであんなに大胆になれたのか、今思うと自分でも不思議です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。