人妻とのSEX体験談

人妻とのセックスした体験や秘密のエロ体験談が告白されています。


火遊びって言うか男遊びって言うのかな?
最近の主婦のってすごいですね~、 誰でも不倫してるって感じですね。 でもあれは不倫とは言わないか・・・? 火遊びって言うか、男遊びって言うのかな? 先週の金曜日、まだそんな遅くない時間。 仕事絡みの飲み会からの帰り、 我が家
彼女も一滴残らず絞るように何度もキュッと締めつけてくるw
近くに住む中年夫婦が散歩してるのをよく見かけていた。 先日、その奥さんが孫のお守りで公園に来ていた。 「いつも、ご夫婦仲が良いですね~」 と冷やかすと、 「旦那がリハビリで歩いてるので付いて歩いてるんです。 もう、だいぶ前から夫婦
出し過ぎw精液でおぼれ死ぬところだったw
俺は高校3年で、今日は振り替えで学校が休みという事もあって、 ずっと部屋にこもってモンハンをやり続けていた。 両親とも仕事でいないので、 ひたすらゲームをし続けていた。 没頭するために、 イヤホンをつけてやり続けていたが、
彼女の「イッ、イク!」の合図と同時にぐちょぐちょの彼女のアソコに中出しwww
出会い系で連絡を取り始めた人妻と仲良くなったので 会話の流れで会うことになり待ち合わせをした。 写メはこっちから送っただけで、 相手のはもらってなかったので向こうが俺を探すことに。 27歳の若妻だということで興味があり、 会うこと
初フェラがお掃除っていう妙な感じですw
入社5年目の時、 定年退職する人の送別会を地元の旅館でやった。 部署単位での送別会だったんで参加者は少なく、 メンバーは退職する部長(男)、 そして課長(男)と係長(男)と僕、 女子はA子主任(32歳)、B子(31歳)の計5人。
エロティックで背徳の凄い快感が体中に走りました
某SNSにて友達になった主婦26歳とのこと。 メール交換電話番号交換と順調に仲良くなったので早速逢うことに。 旦那がたまたま年に一度くらいの出張中で 羽を伸ばしたいというので、 60キロほどの距離を高速を飛ばしてやってきました彼女の自宅
愛おしそうに僕のチンポを口に含みました
夜買い物に行っていると、 女性が声をかけてきた誰かと思ったら、 かつての同僚(夏子)だった夏子さんは細身のかわいい女性です。 歳は45歳だけど、 男好きのするタイプです夜だったこともあり、 客も少なかったので他の人の目も気にせずに
ほら見て!貴方の精子がこんなに垂れてきてるぅ!
もう10年以上前の話になりますが、 当時付き合ってる彼女もなく適当に遊んでいました。 今でも不思議に思うんですがある時期を堺に、 知り合う人知り合う人何故か人妻ばかりになったんです。 そのほとんどの奥さんは中出しを求めてきました。
旦那さんと5年程セックスレスだったと言う人妻さんとのエッチ体験
さほど家も近くではないのに、 昔から顔見知りという女性がいる。 大半は妻の知り合いか、 子供での知り合いということが多いようです。 今回、お話する女性もそのひとりです。 今から5年ほど前の6月初め、 私が51歳になったばかり
ズブズブと挿入し人妻を後ろから犯します・・
取引先の事務員の佳代・・・ 私より2才年上でロングヘアの綺麗なお姉さんでした。 ちょくちょく話をするようになったんですが・・・ 佳代が年上な事も有り、姉上目線でしたが。 憧れていた女性なんで話するだけでも楽しかったものです。 しば
子宮口に私の濃いザーメンを直接注ぎ入れた
同じ会社に勤務しているパートで 由美子(仮名)は私より年上の34歳、 周りの人達から「綺麗な人だね」と好感度の人妻さん。 お互いに会社を休んで食事に行った。 午前中から待ち合わせし人込みを避ける為 12時前にランチを取った。
旦那にかわいがってもらっている?
大学時代に付き合っていた彼女と30年ぶりに会った。 と言ってももちろん偶然にであったが。 スーパーで買物をして駐車場に行くと向こうから歩いてくる女性。 気に止めることなく買物袋を車に乗せていると、 隣の車のドアが開いた。 ないげな
旦那の粗チンのあとに俺のデカチンを体験させて虜にさせようとニヤニヤしてると・・
20代後半の俺の体験談です。 高◯時代の同じクラスで、 仮に美沙との体験を書きたいと思います。 美沙は高◯時代から美少女で足もスラッとした細身の子で、 当時俺もメールとかして密かに狙ってたが、 序盤で彼氏がいることが判明し、退却し
4発目は69で奥さんの口の中で発射したったwww
隣の奥さんとのエッチな体験です 体が凄く綺麗でバストはこれ以上ない形、 それにすげぇテクとエロいんです。 俺、それなりに女知ってるけど最高な女性! 毎日想像しちゃってる俺 山口も○似かな アパートですが隣は子供はいない30代
我慢出来なくなって来て69もせずに一気に挿入して・・
かれこれ20年程以上前になります。 当時僕は設計事務所に勤めていましたが、 とある地方の観光温泉地の旅館の現場監理に毎週出向いていました。 事務所から社員食堂から館内は自由に出入りさせて貰っていましたが、 そのうちその旅館に時々顔を出す
セックスには興味ないって言っていた女が濡れはじめているw
俺は39才で、大人の玩具屋のオーナーです。 東京の下町に店舗を構えましたが、 店舗だけの売上では生活出来ないので、 色々と試行錯誤しているうちに、 ネット販売やラブホテルへの卸売りで、 運営は順調になってきました。 最近は余
ベロチュウしながら腰を動かし続けて・・
去年の盆に高校の同期会をやったんだが、 その準備を一昨年の秋くらいからしてた。 まあ音頭取りのヤツが個人的に各クラス1人くらい声かけて 10人で準備し始めたんだが、 積極的にやってたのは5人くらいでそのなかに俺と、 2年のときに同
旦那LOVEの人妻と会い会ったからには口説く
おれが人妻好きで、自然とそうなっちゃうわけだが。 人妻好きと言っても、誰でも良いわけではなくて、 おれの中で優先されるのは「旦那さんLOVE」な人妻だ。 「旦那のことが好きでたまらない。」「愛している。」 ・・・などという女に魅力を感じ
意味深に微笑み俺のチムポにしゃぶりつくスケベ人妻w
ようやく夏になりました。 この季節きっと女の子にとってもそうだけれども 俺もようやく動き出しやすいと言うことだし この季節、人妻にとってもムンムンする季節だと勝手に確信して 人妻にターゲットを絞った俺 今回お世話になった出会い系サ
精液まで残さず吸い出すバキュームフェラ
代々続く農家で、 俺は家業を継いで田舎で農家をしています 父は他界し、母は年老いて 認知症で老人ホーム住まい 最近は実家で一人暮らしという 寂しい生活を送っていました。 おまけにうちは隣家が 数百メートル離れている超ド
<< 前ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | … 最後 次ページ >>