長身だった私の最後尾野外オナニー・・エッチな話

私は身長が194cmあります。
幼稚園の頃から大きく、どこにでも一人くらいは居る頭ひとつ飛び出た男の子でした。

高校生になると他の人も大きく成長してくるので、さほど気にすることはありませんが、小中の時は周りに気を使わなければなりませんでした。
何をするにも一番後ろをキープ、それが当たり前。
疎外感を感じたとは言いませんが、輪の中に入ることは滅多にないので、外から客観的に見ているような感じだったと思います。



体が大きいので年齢よりも上に見られることが多々あり、扱いもまた同じで、年上の人たちと一緒に行動させられることが多かったです。

だから自然と年齢よりも進んだ性知識を身につけてしまいました。
小学校、中学年くらいで中学生が話すエロ話を聞いていたわけです。
オナニーのこともその時に知り、しょっちゅうシコっていました。

小中時代は体と精神の成長はバラバラですので、体は成長していても中身は子供という女子は結構いました。
無邪気というか無防備というか、オッパイに関しては上から見放題でした。
しかし逆もまたしかりなので、要はマセた奴らに見つからなければいいのです。
その点で最後尾というのは都合が良かった。

運動会、理科の実験、遠足の写真が出来た、迷い犬、みんなが何かに夢中になっている時がチャンスです。
やはり見たいのはデカパイですが、デカいとしっかりとブラに包まれているので、乳首は見づらく、ジレンマとの戦いでした。

時にはオナニーをしたこともあります。
最初は小6の運動会の最後のリレーの時でした。
全校生徒がいる中での屋外オナニー。
父兄も大勢見に来ていましたが、席が生徒とは別なので、死角になっていました。
先生も多忙で、昼飯の時に一度現れただけ。
ただでさえ熱中しているわけですから、クライマックスの時に後ろなんか誰も見ません。

またいつものように最後尾に陣取っていた私は、ふと思いチンコを出してみました。
とんでもない開放感でした。

目の前にはいつもオカズにしている女子たち、そして少し泥で汚れたお尻たち。
すぐにチンコはビンビンです。

今だったらその状況を楽しむところですが、当時そんなことは考えません。
ひたすら射精に向けて突っ走る。
シコりまくってシコりまくって、あっという間に女子たちの背中に向けて射精しました。
ゴールの大歓声の中、膝をガクガクさせながら何度も放出。
あまりの快感に勃起がおさまらず、2度目にチャレンジしたかったのですが、リレーが終わってしまったので仕方なく諦めました。

それから何度も隙を見つけては皆の背後でシコりましたが、あれに勝る快感はいまだにありません。

卒業アルバムにその時の写真(当然リレーメイン)を見つけた時はビックリしました。
表情もよく確認できない写真ですが、見るたびに興奮が蘇るので今でもオカズにしています。

そして運動会シーズンになると夜の学校に忍び込み、運動会の余韻の中、校庭でシコっています。




読んでくれたあなた!本当にありがとう♪
ポチっとしてくれたら明日からも頑張れます(^^)/


官能小説ランキング


アダルトブログランキング


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。