宅飲みに付き合ってくれた女友達とのエッチな体験

数年前、学生だった時の話。
結構仲のいい女友達がいて、他の友達数人と一緒によく遊びに行ったりしてた。

その日も5人くらい(女は一人だけ)でボウリングとかで遊んだ。
その後、酒を飲みたくなった俺は、みんなに自分の家に来ないかと提案。
あまり乗り気じゃないとか、仕事の都合とかで、男三人には断られた。
そして解散。



今日は独り酒かな、と思いながら帰ろうとすると、女が追いかけてきて、「付き合うよ」と。

で、俺の部屋(一人暮らし)で酒飲みながら他愛も無い話をした。
考えてみたら、彼女は友達数人と一緒に来たことはあっても、俺の部屋で二人っきりという状況は初めてだった。
それに気付いても、その時は特別変な感情にはならなかったけども。

お互いホロ酔いくらいになると、彼女が「暑い」と言い出した。
冬で、暖房強めに効かせてたので、確かに酒で温まると暑いかも知れない。
暖房弱めにはしたのだが、それでも暑いと彼女はセーター一枚脱いだ。
セーターの下には長袖のTシャツみたいなの着てて、それがぴったりしてるもんだから結構大きい胸の形とか丸見え。
ついついチラ見してしまう。

当然、その視線は彼女に気づかれて「何見てんの~」とか言われた。

そのまましばらくは、また普通に会話してたんだけど、その間も、どうしてもチラチラ見てしまう。

すると彼女が「そんなに気になる?触ってみる?」なんて言い出した。

当時俺は22歳だけど童貞で、女の胸なんて触ったことも無かった。
咎める気持ちがなかったわけじゃないけど、欲望に負けて触ってしまった。
あまりにも柔らかくて気持ちよくて、夢中で揉んでいたら彼女も感じてきたらしく、「んんっ」とか「あっ」とか声出し始めた。
もちろんその間、俺はフル勃起。
ジーンズ履いてたから痛いくらいに。

俺が勃起してるのは当然彼女も気づいていて、向こうから「抜いてあげる」と言い出した。

俺はもう拒む理由もなく、下を脱いだ。
さすがにトランクス脱ぐ瞬間は躊躇したけど。

「あ、意外と大きい・・・」

“意外と”ってのが気にはなったけど、男だって、女見て胸が大きいの小さいのと品定めしてるんだから、“そんなもんかな”とも思った。

彼女は全く躊躇する様子もなく、パクッと俺の肉棒を咥えた。
正直、されてる間ってのは気持ちよすぎて、舌がどこ舐めてるか全然覚えてないんだけど、とにかく気持ちよかった。
途中、一度彼女が口を離して、上目遣いに「気持ちいい?」って聞いてきた時の表情はよく覚えてる。

何分くらいフェラしてもらってたのか覚えてないけど、イきそうになってきて、さすがに口の中に出すのは悪いと思って、ティッシュに手を伸ばした。
でも彼女は俺の腰を両手で押さえて、動きを速めてきた。

そして射精。
本当にとろけるくらいに気持ちよくて、口に出したら悪いとか考えたのも忘れてた。
彼女は当たり前みたいに飲み込んで、お掃除までしてくれた。

結局、その後本番までやっちゃったんだけどスレ違いだからここまで。
ちなみにその女友達は、今は俺の彼女だけど、当時は友達だった、ってことでご勘弁を。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。