俺早漏だからごめんね・・

♀ 20代前半 関西某県
相手 ♂ 1個上の社会人 申告ではキモメン 隣県・電車で多分2時間とか 

相手のメール誤爆→メル友に。少しすると、会ってみたいと連発してくるので、その次の週末に約束。

メールであまりに何回もキモメンと書いてくるので、どのぐらいなのか逆に見てみたくなった。でも、キモいから嫌だと写メはくれなかった。

江頭みたいなのかとイメージで言うと、肯定も否定もされず。近所の駅で待ち合わせ。その辺はよく分からないけど、来れると言うのでとりあえずその近くで。

でかい駅なので周辺が人多過ぎ、着いた報告から会うまでに時間がかかり来たのは茶髪に180ぐらいありそうなヒョロい男。

印象薄い感じで、顔立ちは別に並。キモメンというか、似てないけど以下江頭。
会ってすぐ、江頭がしばらく顔をじーっと見てきて、「手つないでいい?」

いきなり何ですか(・ω・ )? 俺は女友達でも遊ぶ時は手つなぐよって。
フーンw でも、つなぐ前に拭かなきゃいけないほど手のひらに汗かきすぎ。萌えw 

最初は映画に行こうと思ってたんだけど、覗いてみたら始まるまでの時間が長すぎて断念。その後の予定だったネカフェに入り、ペアシートで話す。

しばらく微妙な距離で座ってたら、抱きしめていいかと言ってきたのでおkする。それだけで激しくちんこ勃ってたので、面白がって触ると「やめて」

服越しだけど、なぞってみたら結構でかそうな感じ。直に触りたいハァハァ
勢いのまま飲み物口移しにしたりして、結局いちゃいちゃしてしまう。

押し倒されておっぱい舐められ、ジーパンにも手を入れられてハァハァしてたら「喘ぐなよ」って。いや、ぱんつ越しにクリ触られたら当然喘ぐってw

そしたら「ごめん」 別に謝ることじゃないと思うw
とりあえずこっちも、江頭の体触りまくり好きなだけキスしまくる。

そこだけちょっと柔らかい感じのおなか撫でてたら、「昔は腹筋あったんだけどごめんね」別に謝るとこじゃないと思うw
そしてムラムラしまくり、今からどうするー?とか形だけ悩む。
ラブホには全然行ったことがないと言う江頭。

実家暮らしらしいのに、過去の彼女とはどうしてたんですか(・ω・ )?
周辺を探して適当にそれらしき所で部屋に入るなり、「俺早漏だからごめんね」

あまりその場ではどうしようもない所で謝りすぎw 照明暗くしようとしたけど、壊れてるのかなぜかスイッチいじっても反応なし。

しょうがないので激しく明るいまんま。脱いでから寝転んでキスしてる間ずっと、こっちのおなかに当たるほど勃ちまくりの江頭。

手マンされたら江頭の爪が伸びてて痛かったので、それまでに濡れてたしさっさと入れることに。備え付けのゴムは不安と言うので、挿入は生のまま。

そしたら、爪で傷ついてたのか角度悪かったのかまたイテテ。しかし少しすると、腰使いは単調であんまり上手くなかったけど、やたら中が気持ちよくなってきた。

江頭も気持ちいい連発してたので、相性よかったのかも。その後早漏の言葉どおり、もっと続けたかったけどすぐ逝きそうと言って私の腹に出す。

抱き合ってると復活してきて、上乗ってと言われて騎乗位→座位で。
痩せてるくせに意外と力あるのね。

やっぱり、入れてる時にかなり気持ちいいちんこ。でかくて奥までいっぱいになってるせいだけじゃなくて、入ってる感じがすごくイイ。

乗っかってる最中に舐めてと言われたけど、あまりに気持ちよくなっていたので、どこ?とアホ丸出しに聞いてしまったw

その時、真性なんだと告白してくる江頭。騎乗位の時握った感触で気付いてたので、特に気にせずフェラしてたら、逝かせようとしてるのかと言われる。

ちなみに皮も剥けないぐらいだったけど、特に異臭とかなし。結構控えめにやってたんだけど、喉の奥までくわえだしたら、結局そこで逝かれてしまった。

早漏って楽しいですねw
癖で吐き出さずに飲んじゃったら、江頭は驚いていた。

休憩したらちょっと寝てしまい、起きてから3回目。江頭は正常位で動きながら、気持ちよすぎると言って倒れこんできた。萌えwww

生だったのでまた最後はフェラで終了。逝くのはやっぱり早い。気持ちいいので、もっと長く入れててほしかった。

精算の時間からすると、3時間未満で3回逝ったことに。自分は逝ってないしいつもなら腹減ってる時間帯なのに、帰りは妙に満足感がw

また会ってくれるかと心配そうな江頭。もちろんおkと言って別れる。顔忘れたくないから写メくれとかまた遊びに行こうとか言ってきてたけど、予定が合わなかったりw

その後使ってたフリメが壊れて、連絡がまともに取れなくなる。
それが結構長かったし、住んでるとこも離れてたので諦めました。

もうちょっと近くに住んでたなら、セフレになりたかったw
真性は気持ちよくないと知り合いが言ってたけど、結局個人差なのね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。