私が後悔させない性技で・・

3月末にいつもチャットで待機していると「熟女」のHNで入ってきたのがけい子46歳であった。

何とも味気ないやり取りであったが、
「私が後悔させない性技で・・・」と言うと
「本当に満足させてくれる?」と執拗に確認してきた。

「だから試してみたらいいよ」と答えると、
「分かりました。明日午後いい?」と自ら出会いを切り出した。



「良いよ。では13時にマルビルで会いましょう」と告げると、
「分かったわ。メルアド教えて」と言うので、ちょっと躊躇したけれど、チャットの雰囲気や会話の内容から、携帯メルアドを教えた。

早速彼女から携帯からメールが来た。
これで逢えると確信した。

当日約束の時間にフロント前の椅子で待っていると「フロント前にお座りの紺のスーツの方ですか」とメールが来た。

「そうです」と早速返信すると、グレー系のジャケットに綺麗なピンクのブラウス、紺系のフレアースカートのけい子が側にそっと寄ってきた。
「けい子さん?」と声を掛けると軽く頷く。
「ここだと人目が気になるわ」と小声で言うので、
「では、部屋に行きますか?」と尋ねると、これにも軽く頷く。

早速28階にデイユースで予約した部屋へ向かった。
椅子に座ってたわいもない会話を暫く続けたけれど、どことなくぎこちないので、私はそっと彼女の横に行き、手を引いてベッドに並んで座るよう促した。

少し緊張して堅くなったが、素直に従った。
こちらが躊躇するのはどうかと思い、そのままキスをすると、抵抗なく受け入れたので、ディープキスに移り、彼女に体重を掛けるようにしてベッドへ押し倒した。
暫く抱き合いつつ、互いに舌を入れ合い唾液の交換をして、ブラウスの上から豊満な乳房を揉み、さらにボタンを外し、ブラを押し下げて直接柔らかい乳房を直接揉みし抱いた。
私は耳たぶ、首筋から胸へとキスをし、舌を這わせて愛撫すると、「ああ、ア~」と喘ぎ声が漏れ始めた。
胸を露わにさせ、乳首を舐め吸いながら、スカートの中に手を入れると、パンストでなくストッキングを履いていた。
秘部を覆う布は滑りの良いシルクで、その手触りの心地よさと、割れ目からは期待の愛液が溢れて温かい湿り気を感じ、一気に自慢のイチモツが勃起した。

きっと彼女はそれを察知したと思う。
スカートを捲り上げると、薄いピンクの紐パンが目に飛び込んできた。
そこの顔を埋めると、モワ~と女の独特の香が鼻をくすぐった。
紐を解きオマンコを露わにすると、手入れをせずそのままの陰毛に覆われた秘部が現れ、少し肥大はしているも、余り黒ずみもない陰唇を拡げると薄いピンクの陰部が見え、その付け根にはクリがもう膨れ上がって大きくなっていた。
私は躊躇無くそこに吸い付き舐め吸いを開始した。

「ああ、いや~汚いよ。シャワーさせて」という声を制して、クリを舐め吸いつつオマンコの中に人差し指と中指を突き入れた。

ヌチャっと言う卑猥な音と共に吸い込まれた。
もう中はグシュグシュであった。

「いや~」という声はしたものの、腰がうごめいて、指を求めてきた。

クリへ舌バイブを加えながら指腹で膣内の変化を敏感に察知しながら、快感スポットを巧みに探り当て刺激を与える。

「ああ、いい、イイワー。ああ、イイ、イイワー。イヤ、変よ。変。止めて。お願い止めテー。出る。出るわー、イヤー」という叫び声と共に一気に潮が吹き出た。
「イヤー。何、え、何が出たのー。ああ、気持ちいいー」と混乱を漏らしつつ、腰は厭らしく蠢き、私の愛撫を貪って、その後も潮吹きを何度も繰り返し、アクメを楽しんだ。

暫くして、「服がシワになるし、汚れるよ。脱ごう」と促すと、気だるそうに上体を起こした。
私は素早く全裸になった。
気だるそうに急げずにゆっくり脱ぐ、彼女は、私のいきり立つ極太をしっかりと見ていたそうだ。

「言ってた通りだわ。想像以上に大きいし太い。でも綺麗だわ。入るかしら。」
(痛いだろうなと思ったと後でそっと素直な気持ちを吐露した。)

私は彼女を全裸にするのを手伝い、再び押し倒して覆い被さり、股を拡げて滴り落ちるほど濡れた淫口に極太を宛がった。

「ネェ、今日はそれは入れないで。愛撫だけじゃダメ?」と弱々しく懇願した。
「ダメ。もうこんなに欲しがっているじゃない」と突き入れようとしたら「お願い。着けて」と言うので、コンドームをいかにも窮屈そうに装着して、再び両膝を持って一段と拡げ、前に押し込むようにしてオマンコを全開させて、一気に突き入れた。

ズブッズブッと音がしたように思う感じで極太は呑み込まれていった。

キツイ、きっと相当セックスレスだったようだ。
ゆっくりと出し入れをしながら、その擦れ感と感触を楽しみつつ奥へ奥へと突き入れていった。

「ワァー、おお、大きいー。スゴイー。ああ、イイ。気持ちイイワー」と彼女の口からは素直に喜びの声が上がり、リズミカルに緩急と深浅を付けながらの突き擦りに、「イイ、イイワー。アア、アア、変、変よ。アア、おかしくなりそうー、アア、アア、アアアアアア・・・・」と声が詰まるようになったかと思うと、身体を仰け反らせ、ビクッ、ビクッ、ビクッと身体を震わせたかた思うと、「イヤー」と鋭く叫んだ次の瞬間全身がワナワナと痙攣して果てていった。
私はまだいきり立ったままの極太を突き入れたままで、彼女を抱きながら顔を覗き込んでいた。

暫くして目を開けた彼女は「凄い。気持ちいい。こんなの初めてよ。これがイクなのね」と確認するように言った。

「初めてなの?」と尋ねると、
「うん。中でイッタの初めて。でも今まで逝ったつもりだったけど、本当のイクはこれなんだと今分かったわ」と嬉しそうに言い、「まだ大きいまま。逝かないの?私のが良くないの?」と心配そうな顔をした。

「違うよ。貴女にもっともっと悦んで欲しいから、我慢しているんだよ」と言って、ピストンを開始。
「アウ、アア、イイ、モウー。アア、スゴイー、イイ、イイワー。モウ、モウダメー、イクワ、イッテいい。いっていいい、イクー」と身体を激しく痙攣させて果てていった。
その後は息絶え絶えの彼女を四つん這いにして、バックから得意の背面臥位に移った時、「アア、スゴイ、これすごく感じる。イヤー」とバウンドするように連続のアクメを楽しませ、シーツ一杯に大きな染みを付ける失禁をしてしまった。

また暫く休んでから、彼女はようやく私のチンポを銜えてくれた。

「大きい。顎が外れそうよ」と苦笑いしながら、丁寧にしゃぶってくれ、新しいゴムを着けることなく私に跨り、自ら極太を飲み込むように腰を落として、騎乗位で前後左右上下に思うがままに腰を振って、今までの不満を一気に解消するようにアクメを楽しみ、最後は正常位で私の精を膣奥で受け止めてくれた。

二人で心地よい快感に浸りながら暫く抱き合っていると、チェックアウト時間を告げるフロントの電話で我に返り、30分ほどの余裕をもらって、慌てて二人でシャワーをし身支度を調えた。
帰り際、「ねえ、私で良いの?また逢ってくれますか」とおねだりするような目で見詰めつつ抱き付いてきたので、「ああ、いいよ。また逢おうね」と抱きしめキスをすると。
自分から舌を突き入れてきた。

「嬉しい」と素直に微笑んでくれた。
「では、それまで覚えているように」と私は彼女を壁に手をつかせて尻を突き出させ、スカートを捲り上げ、パンティを膝下まで降ろして、尻を抱え、極太を引きずり出して、まだ濡れて光る淫穴に突き入れて、立ちバックで責めた。
「アア、モウ。ダメよ。折角綺麗にしたのに。また欲しくなるじゃない」とすねるように言ったが、しっかりと極太を楽しんでくれた。

5分ほど突く間に2度ほど逝った。
逝くのも早くなった。
二人で顔を見合わせて笑った。

「さあ、フロントからまた催促が来るよ。今日は5時間楽しんだね。どうだった?」と抱きしめつつ言うと、それに答えずにディープキスを楽しんできた。
ようやく唇を離すと「もう貴方のがないとダメな女になったわ。どうしてくれます?責任とってよ」と可愛らしく睨んできた。
「本当に有り難う。来て良かった」と言いつつ、私より一足先に部屋を名残惜しそうに出て行った。

明日またけい子と会う。
オマンコの周りの毛を処理して来るように言いつけて、なおかつノーパンで家から来るように指示している。
最初は嫌がっていたが、昨夜のメールでは指示に従って行くと書いてあった。

思い切り楽しませてやろうと思っている。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。