生でやってた事も忘れて全部中に出してしまったw

俺の彼女は同じ年だけど、

なにかとお姉様系だった。

身長は二人とも165cm。

中●3年生で今は同じクラス。

千沙はクラスのまとめ役みたいな感じ。

クールビューティーってやつ。

でも必ずしも目立ちたがり屋ではない。

そんな千沙におれは去年、告った。

あまり期待してなかったOKをもらった。

ある日、学校が早く終わり千沙の家に寄って帰る事になって一緒に帰った。

いつも通り普通の会話で手も繋がない。

千沙と並んで歩くとどうしても俺の立場が低くなる。

なんでやろ・・・・

んな事、考えながら話してたら千沙ん家まであっと言う間に着いた。

家の中に入るといつもなら出迎えてくれる千沙のお母さんの姿がなかった。

疑問に思った俺は聞いてみた。

「今日、おばさんは??」

「今日はお父さんもお母さんも帰り10時やねん」

「そうなんや・・・俺、喉かわいたわ」

「あっそうやな。お茶でええ?」

千沙はいつものようにソファーに座ってる俺に

お茶を持って来てくれて俺の横に座り、TVをつけた。

完璧にリラックスしてるよ、こいつ・・・・

ずっと千沙の横顔に見とれてる俺に千沙は気付いた。

「何?智宏」

「俺、暇や・・・・」

「ごめん。何する?」

「別に千沙とだったらなんでもいいよ」

「私も智宏だったら何でも楽しいと思う」

「じゃあさ・・・襲ってもいい?」

冗談ぽく言うと思い切り殴られた。

「いってぇー!何でグーで殴んだよ」

「智宏が昼間っから変な事考えるからだよ」

「じゃあ何するんだよ」

「ギター教えてよ」

「いいよ。じゃあ取りに帰るから待ってて」

「すぐ帰って来てねぇ」

「じゃあこの楽譜見ててな」

「了解でぇーす」

俺は家を飛び出して歩いて10分ぐらいの所にある

自分ん家まで全力疾走で帰った。

母さんに7自分には帰ると伝えて、

ギター抱えて走り出した。

往復5分で着いた。

「ごめん。待った?」

「全然!雑誌読んでた。」

「・・・あ、そう」

「なんか弾いてよ」

「リクエストは?」

「世界に一つだけの花!!」

「お前、好きだな。この曲」

「智宏の弾いてる時の顔が一番かっこいい曲だもん」

「そっか・・・」

弾き終えると千沙は拍手をくれた。

「かっこええ!」

「教えてやるよ」

「ほんまにぃぃー?やったぁー」

俺は自分の膝を叩いて、膝に座るように命令した。

「何?」

「おいで・・・ほら、ここ」

素直に膝の上に乗ってくれた千沙が

可愛くて可愛くてしかたなかった。

「まず、こことここを親指で押さえて・・・・」

「出来ないー」

「手が小さいのかぁー」

「出来るもん」

「じゃあ俺が手を貸してやるよ」

「智宏の手あったかい」

俺はその一言で理性がぶっ飛んだ。

ギターを放り投げ千沙をお姫様抱っこして

ベットまで連れて行っって無我夢中で服を脱がした。

「智宏ぉー、離してっ」

「いいから黙ってろって」

俺は千沙の胸を軽く揉んだ。

千沙は軽く抵抗してきたが俺の力にはかなわない。

無理矢理だって分かってた。

でも、ここでやめたら我に返った時に気まずくなる。

そう考えると、続けるしかなかった。

「千沙・・・俺でよかった?」

「初めては智宏じゃないと嫌だ」

「俺もだよ・・・」

「うん」

「今やっていいの?」

「やりたいの?」

「もう止まらないよ・・・・」

「いいよ・・・・」

「ちょっと痛いと思うけど我慢出来る?」

千沙は黙ってコクリと頷いた。

俺は勃起したモノを千沙の入り口に当て、

腰をしずめた。

千沙の声が1オクターブ上がった。

「はあぁぁー!!いっ痛い!」

「ごっごめんっ!・・・大丈夫?」

「だっ大丈夫・・・・いいの」

「じゃあ・・・・動かすよ?」

「うん」

腰に力と愛しい気持ちを込めて振り続けた。

それに合わせて千沙の声もはじける。

「あっあっ・・・んっんっ・・・はあぁぁー」

「あっ!はぁー千沙ぁー、はぁー」

「いやあぁぁーー」

「はあぁー、気持ちっいいっ・・・・」

「はぁー駄目だっ・・・イクッッ・・・」

生でやってた事も忘れて全部中に出してしまった。

「千沙・・・・ごめん。中に出しちゃった。」

「いいよ。大丈夫・・・」

笑って言う千沙を思わず抱きしめた。

残っている力を全部千沙に注いだ。

「苦しいっ」

「はっ・・・ごめん」

その後、笑いあってお互いの愛を深めあった。

それ以来の生活は変わりなく今は中3で受験受験で

なかなか二人きりにはなれないけど

落ち着いたらまた、襲う予定です(笑)


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。