吹奏楽部の部室で処女の部長と中出しセックス

ある中学校の吹奏楽部での出来事。

俺は中3のサックス担当。
俺には好きな人がいて、同級生で部長のトランペット担当のミナミ。
身長は160センチで胸はA寄りのBカップ、処女だという噂。
髪は長め。

ある日、部室で一人楽器を組み立てているミナミに話し掛け、「俺と付き合ってくれ」と言うと彼女は顔を赤くして困惑していた。



しばらくして「あたしも1年の時から好きやった」と恥ずかしそうに俯いた。

俺はその姿が愛おしくなり、正面から抱き締めた。
そしてお互いのファーストキスをし、耐えきれなくなり彼女を押し倒してしまった。

ミナミは驚き、「えっ、まだエッチは早いよ」と言い、少し抵抗している。

でも俺の手は止まらず、服の上からオッパイを揉んでいた。
そして制服の肩のボタンを外し、カッターシャツを脱がすと・・・。

「ちょっと、やめて。胸も小さいし、まだエッチするような歳じゃないし、それに処女をこんな形終わらせたくない」

彼女が嫌がれば嫌がるほど美しくエロく見え、興奮した。

ここまできて止められるわけが無い。
上着、スカート、靴下を脱がせ、ブラジャーとパンツだけになった彼女を再び押し倒し全裸にさせ、ディープキス。

ついに挿入というところで・・・。

「ゴムは?生はダメだからね」と彼女。

「絶対に外出しするから」と俺。

すると彼女はしぶしぶ頷いた。

チンポをマンコにあてがい、正常位で亀頭が入りゆっくり挿入した。

「んっ、痛い」と言ってしがみついてきた。

しばらくピストンして射精感がこみ上げ、「逝きそう」と言うと・・・。

「絶対に中出しはダメ、赤ちゃん出来ちゃう」

そうは言っても、このまま外出しは勿体無い。
彼女にキレられるのを覚悟して膣の奥で中出しした。

「えっ?中出ししたの?もう、約束したのに」

かなり怒っていた。

「ごめん、気持ち良すぎて」

しばらくするとM字開脚のミナミのマンコから、血交じりの大量の精液が垂れ出してきた。

彼女は中出しには怒っていたが、好き同士で繋がった事を喜び、微笑んでいた。

以後、俺とミナミは付き合い結婚。

男の子が一人生まれた。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。