離婚してつきあった男にアナルも開発されセックス調教を受けました

離婚してつきあった男に調教を受けました。
徐々にアナルを開発され野外での浣腸、セックスに魅了されてしまいました。
事情があって別れましたが、身体は熱くなりばかり。
16になったばかりの息子も感じたのか、エッチな視線を向けてきます。
ふざけて胸を揉んだり、腰に手を回したり。
甘い私がいけないのか、次第に助長してとうとうスカートの中に手を。
もがいてるうちに逃げるのですが、パンテイごしに乱暴にこすられたヴァギナは寝てからも熱くなります。
恥ずかしいけど、自分で慰めてしまうこともありました。



そして「母さん、してたよね。」と言われた時すっごくドギマギしてしまいました。
ドアに耳を当て聞いてたと言うのです。「お互い様でしょ。」
そう言い返すのが精一杯。それから、声を出さずにと思うと余計かんじちゃってました。
ある土曜の夜です。「あの子もしてるんだ。私のここの感触思い出して、、、」
そう思うともうダメでした。息子の部屋に行くとまだおきてました。
私は長めのTシャツとパンテイだけ。いつもコレで寝るのです。
ゲームに夢中の息子。ベッドのとなりに座って見てました。
「なんだよ。」「うん、別に、、」
気が散るようです。息子の手が私の胸を。ブラしてないので乳首までわかります。「あん、、」下をうつむいて耐えてると、きましたパンテイに手が。
いつもは必死に脚を閉じ、もがくのですが脚は開きっぱなしに。
ベッドに押し倒され、脚をひらかされ揉みしだいてきます。
自分でも、かなり濡れてしまってるのがわかる、、。
もうダメ。自分でパンテイを脱ぎました。
指が這いまわります。息子の指を誘導し「ここ、、、こんなふうに、、、あああ、、、」
私は、息子の指の動きに合わせるように腰を突き出しそしてイきました。
その夜は息子のを2度口で処理。裸で抱き合ってそのまま寝ました。
私は目が覚めると、昨日の余韻にもう身体が反応しています。
もういつでもイっちゃうって感じ。
息子は、朝おそく起きパンを食べると襲い掛かってきました。
私は、身に着けてるのはTシャツだけで誘ってました。
「ねえコンドームする?」つまり挿入OKの問いかけ。
昨日のペニスは別れたかれより勃起してると5,6センチ長そうでした。
とにかく硬い元気なペニスです。ヴァギナを貫かれしがみつき達してしまいました。



読んでくれたあなた!本当にありがとう♪
ポチっとしてくれたら明日からも頑張れます(^^)/


官能小説ランキング


アダルトブログランキング


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。