美人の姉はレースクイーン・・エッチな体験談

俺はこの春から親元を離れ、姉貴と二人で暮らしている。

姉は俺より二つ上で、仕事はレースクイーン。
弟の俺が言うのもなんだけど、姉はかなり美人でファンもかなり居るようだ。
俺と姉は、昔から仲がよく、いつも二人で居ることが多かった。
だから俺が高校を卒業し、姉の元から大学に通うと知らせると、すごく喜んでくれた。



姉はそれまで住んでいたワンルームマンションを引き払い、俺との共同生活のために、2LDKのマンションを探してくれた。

引越しの日に、姉と再会し、俺は姉の荷物を運んだ。
すべてを部屋の中に運び込み少しずつ片付けていった。
姉はレースクイーンの他にモデルもしているので、洋服はかなりの量だった。
衣装ケースも何個もあり、そんな中に、レースクイーンのコスチュームを見つけた。

俺がそれを手に取り見ていると、姉が「なに見てるの!早く片付けてよ」と、少し声を荒げて言った。
それでも、俺が見ていると、「後で着てみてあげようか?」と言うので、俺は即答でお願いした。

それからの俺は、姉のレースクイーン姿を見たいために、素早く片付けを手伝った。

やがて、片付けは終了し、リビングで休んでいると、姉が部屋から出てきた。
姉の方を見ると、姉は約束通り、レースクイーン姿だった。
さっきまでの姉とは別人のように見えた。

胸の谷間も露わなブラと、太もものつけ根までスリットが入ったミニスカート、胸から腰までは肌が露出し、くびれたウエストに俺の視線は釘付けになった。
細く長い脚はストッキングを履かず、生の脚を露呈していた。

姉が俺の目の前に立つと、すぐそこに姉の脚があり、生の脚を見ながら、ミニスカートの中を想像すると、俺のアレはすぐ大きくなり始めた。
姉は、そんな俺の気持ちの変化に気付かないで、色々なポーズを取り出した。
ターンするとミニスカートが捲れ、中のパンティがわずかに見えたりした。

「満足した?仕事中はストッキングを履くし、スカートの下もスコートを履いてるんだけど、あんたの前だから、生脚をサービス」と言って、微笑んでくれた。

そして、「あら?アソコが膨らんでるよ」と言って、意地悪く笑った。

姉は俺の隣に座り、体を寄せてきた。

紅く塗られた姉の唇が、俺を惹き寄せ、姉は少し抵抗を見せたものの、あっさりと俺の唇を受け止めた。
唇を重ねただけのキスをしていると、姉の方から舌を絡めてくれ、後は姉の言うままに身を任せ、姉のリードで姉の着ているものを一枚ずつ脱がせていった。

まずブラを外すと、Dカップの形のいい乳房が現れ、触れると少し変形しながらも、俺の指にまとわりつくかのように、押し返してきた。
すでに硬くなった薄茶色の乳首を指で軽く弾くと、姉の口から軽く吐息が漏れた。
さらに硬く尖った乳首を口に含み、舌で転がすと、姉がさらに悶え始めた。

姉は俺を下半身に導き、スカートの脱がせ方を説明し、俺は素直に従った。
スカートの下の姉の下着は、白のシルクのパンティだった。
そのパンティを姉の両脚から抜き去り、少し両脚を拡げると、すでにアソコからは姉の液が溢れていた。

自然と開いた姉のアソコを夢中で舐め回し、大きくなったクリトリスを舌で刺激すると、時折、姉の体が仰け反った。
何度か仰け反った後、一際大きく姉が仰け反り、その後はグッタリとなってしまった。

「すごくよかったよ。今度はお姉ちゃんが気持ちよくしてあげる」

姉はそう言うと、俺を寝かせ、俺のズボンをパンツと一緒に脱がせた。
すでに大きくなっていた俺のアレは、パンツから開放され、一気にそそり勃った。

姉はそれを手で軽くしごきながら、紅く塗られた唇に取り込んだ。
姉の顔が上下し、その度に、唾液が潤滑油の役目をしながら、ピチャピチャと音を立て始めた。

姉の口に吸い込まれるアレを見ていると、それだけで俺はガマンできなくなっていたが、姉の口の中で絡んでくる舌の感触が、さらに俺の快感を増幅した。

「出そうだよ」

姉は俺の目を見ながら、さらに顔の上下運動を速めた。
俺はあっけなく、姉の口の中に大量のザーメンを放出した。
姉は当然のように全部飲み干し、アレを綺麗に舐めてくれた。

姉は、俺の口内発射した精液を全部飲み干すと、俺から離れていき部屋に入ってしまった。

しばらくして、姉が部屋から出てくると、今度はレオタード姿だった。
もちろん、ストッキングは履かず、生の脚のまま。

その姿を見ていると、また俺のアレは元気になり、今度は俺の方から、姉に近寄りキスをした。
俺はキスをしながら、レオタードの上から姉の胸を揉んでみた。

胸を揉んでいる俺の手を、姉は下半身に導き、アソコをレオタードの上から触らせてくれた。
少しの間、割れ目に沿って触っていると、レオタードの中心が湿り始め、姉の口からは甘い吐息が漏れ出した。

俺がレオタードのアソコの部分の脇から、中に手を滑り込ませると、中はグッショリで、姉の中に簡単に俺の指は滑り込んだ。
二人は立ったまま抱き合い、俺は姉の着ているレオタードを脱がせた。
裸になった姉と俺は、そのまま姉の部屋に入り、姉のベッドに横たわった。

姉は俺のモノを咥え、俺は姉のアソコを愛撫した。
姉が俺を欲しがったので、俺は姉の上になり、姉の中に入ろうとしたが、うまく入り口が判らず戸惑っていたが、姉は俺が焦らしているものと勘違いし、自分で握って俺を導き入れた。

初めて入った姉の中は、温かく、最高に気持ちよかった。
俺の腰使いに合わせるように、姉も下から腰を使い、間もなく俺は2度目の放出感に襲われた。

「俺、もうイキそう」

俺がそう言うと、姉は、「もう少し、もう少しガマンして」と言って、今度は俺の上に乗り、自ら腰を激しくグラインドさせ始めた。
姉の腰使いはどんどん激しくなり、俺はこれ以上、ガマンすることができず、「イッちゃうよ」と言うと、姉の中で果てた。

姉も俺の射精を感じ取ると、俺の上で大きく仰け反り、すぐにグッタリとなった。
姉は、俺に体を預け、小刻みに震えるように、何度も痙攣していた。

しばらく姉と俺は重なったままだったが、姉が俺の上から退いてくれ、俺は起き上がって、改めて姉の体を眺めた。
綺麗にカットされた姉の恥丘の向こうに、さっき俺が注ぎ込んだ白濁液が、姉の内股を伝わって、滴り落ちていた。

俺は姉に、「中で出してしまってゴメン」と言うと、姉は「大丈夫だから」と言って、俺に優しくキスしてくれた。

その日は、夜になっても、姉を抱き続けた。

そうして、俺はレースクイーンの姉を時間があれば、抱くという日々を送ることになり、姉がオフの日は、ずっと家で二人で過ごすようになった。
時にはレースクイーンの姉を、時には水着の姉を、そしてまた時にはモデルの姉を、姉は俺の要望に応じ、色々なコスチュームを着てくれ、姉自身もそれを楽しんでいるようだった。
家の中だけでなく、姉の仕事場まで出掛け、控え室でも姉を抱いたりした。

そんなある晩、仕事を終えた姉がモデル仲間を我が家に連れて来た。

その夜のことは、また次回に報告します。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。