本当にエッチしてるみたいな気持ちよさで、姉のことまで好きに・・

去年の話なのですが、親がハンディーマッサージ器を買ってきました。
よくAVとかでも使われている、俗に言う『電気アンマ』のようなやつ。

自分はその時は高校2年、姉(由美)は大学1年でした。
その日、僕は体調不良という事で高校を早退しました。
家には誰もいないだろうって事で帰宅したのですが、帰ってみると・・・。

(あれ?家の鍵開いてる!!)

玄関の靴を見ると姉がいるようでした。



自分の部屋で寝ようと思い、部屋に入るとマッサージ器の振動する音が聞こえました。
姉の部屋は自分の隣にあるので響いてきたのです。
安眠妨害なので、止めるように注意しに姉の部屋の扉を開けたら、姉が裸になってマッサージ器を体に当てていました。

その瞬間、姉はマッサージ器の電源を切りましたが、裸なのは変わらず、無言のまま数秒が経ちました。

そして姉が先に言葉を発しました。

「おいで」と言うので、無言のまま姉の隣に・・・。

「横になって」って言うので、言う通りに横になりました。

すると姉はマッサージ器のスイッチを入れ、僕のあそこに当ててきました。
くすぐったいけど、ずーーっと我慢してたら、いきなり逝きそうになっちゃったのです。

「逝きそうだよ」と言うと、姉はすぐにマッサージ器を離してしまい、「まだダメ」と微笑んでいます。

姉が「私にも当てて」と言うので、姉のあそこに当ててあげました。

さっき自分でやってた時は声なんか聞こえなかったのに、僕がやってあげたらすごい大きな声を出すようになりました。
ずーーっと同じところに当ててたら、姉も逝きそうになったのか、「逝くぅぅ」って叫びました。
僕はそれでも姉にマッサージ器を当て続けてたら、姉がいきなり“ビクッ・・ビクッ”ってすごく動いて、逝ってしまいました。

だけど僕はそれでも当て続けていたら、姉はマッサージ器から腰を離そうとします。
それでもそのまま当て続けていたら、再び“ビクン、ビクン”ってなって逝っちゃいました。
すごく気持ちよさそうな顔をして。

姉はマッサージ器を僕から奪い、今度はまた僕のあそこに当て始めました。
もうビンビンになったあそこにマッサージ器を当てられ、10秒しないうちに逝っちゃいました。

マッサージ器の力ってすごいなぁって実感!!!
床なんかびちょびちょ!

最後に、正常位のような格好になって、姉のあそこと僕のあそこを一緒にマッサージ器に当てました。
もう、本当にエッチしてるみたいな気持ちよさで、姉のことまで好きになっちゃいました!

このことがきっかけで、たまに学校早退する日が増えましたww


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。